1950年代

1950年代の出来事を表示

  • 1951年(昭和26年)丸正自動車がライラックML号を発売
  • 弊社の母体組織であるモーターサイクル普及会が月刊『モーターサイクリスト』を創刊
  • ホンダが東京工場で車体製作を開始、ドリーム号E型を発売
  • 1952年(昭和27年)スズキ(鈴木式織機)が二輪生産(パワーフリー号)を開始
  • ホンダが本社を東京都中央区にへ移転、カブF型を発売
  • 道路交通取締令施行、原付自転車は免許制から許可制へ
  • アライヘルメットが保安帽で日本初のJIS規格表示工場となる
  • 1953年(昭和28年)第1回富士登山レース開催
  • 国内生産台数が20万台を突破、スクーター生産ではイタリアを抜き世界2位に
  • スズキ、ダイヤモンドフリー号発売、カワサキ(川崎機械工業)が自転車補助エンジン生産を開始
  • 明発工業(メイハツ)設立
  • ホンダがベンリイJ型を発表、本社を東京都中央区八重洲2丁目へ移転
  • 1954年(昭和29年)ホンダがマン島TTレースへの出場を宣言、本田宗一郎社長がTTレース、欧州視察のため渡欧
  • 第1回全日本自動車ショー(後の東京モーターショー)開催
  • カワサキが二輪生産を開始、スズキが鈴木式織機から鈴木自動車工業に社名変更
  • 1955年(昭和30年)第1回全日本オートバイ耐久ロードレース(浅間高原レース)を開催
  • ヤマハ発動機設立。初代社長に川上源一が就任しYA1の生産を開始。ホンダは二輪生産台数が国内第1位に
  • 日本モーターサイクルレース協会設立
  • 第二種原動機付自転車(125cc未満)の区分が誕生
  • スズキが2ストローク125ccのコレダ号を発売
  • 1956年(昭和31年)浅間高原自動車テストコース協会設立
  • 二輪メーカーの倒産が相次ぐ
  • 1957年(昭和32年)浅間高原自動車テストコース竣工
  • 1958年(昭和33年)ホンダ・スーパーカブC100発売、荒川に高速テストコース設置
  • ヤマハYA2が二輪初のグッドデザイン賞を受賞
  • 社長・酒井文人が中心となって全日本モーターサイクルクラブ連盟(MCFAJ)が発足
  • 1959年(昭和34年)ホンダがマン島TTレースに初出場、125ccクラスでチームメーカー賞受賞。浅間火山レースではRC160(250cc4気筒)が初出場で1位から3位まで独占
  • 日本の二輪生産台数が西ドイツを抜き世界2位に
  • 第1回全日本モトクロス開催(信太山)
  • ヤマハが国産初の本格的スポーツモデル、YDS1を発売
  • ホンダ・ベンリイCB92スーパースポーツ発売
  • ホンダがマン島TTレースに初出場

  • 日本車世界初挑戦

1960年代

1960年代の出来事を表示

  • 1960年(昭和35年)日本の二輪生産台数がフランスを抜き世界1位に、スクーターの生産量がピークに
  • ホンダ鈴鹿製作所発足、本社から分離独立し株式会社本田技術研究所を設立
  • スズキがマン島TTレースに初参戦
  • 田中健二郎が世界GP250ccクラス・西ドイツ大会で初優勝
  • ホンダ・ドリームCB72スーパースポーツ発売
  • 1961年(昭和36年)MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)発足、二輪車の貿易自由化実施
  • カワサキ(川崎航空機工業)が二輪車の一貫生産を開始、目黒製作所と業務提携
  • ホンダ・スーパーカブが生産台数100万台を達成、マン島TTレースでは125、250cクラスで1位から5位までを独占、世界GPレースでは125cc、250ccクラスでメーカーチャンピオンを獲得
  • 高橋国光が世界GP250ccクラス・西ドイツ大会で初優勝
  • 1962年(昭和37年)鈴鹿サーキット竣工、第1回全日本選手権ロードレース大会開催、ホンダが50、125cc、250cc、350ccクラスで優勝
  • ホンダが世界GPレースで125cc、250cc、350ccクラスでメーカーチャンピオンを獲得、ベルギーに現地法人を設立、台湾の三陽工業にて、技術提携による二輪生産を開始
  • 1963年(昭和38年)日本の二輪車生産台数が200万台を突破
  • ロードレース世界選手権シリーズ第1回日本グランプリを鈴鹿で開催、250cc、350ccクラスでホンダが優勝
  • マン島TTレースで伊藤光夫が日本人として初めて優勝(50cc スズキ)
  • 世界GP250ccクラス・ベルギー大会で伊藤史朗が初優勝(ヤマハとしても初の世界GP優勝)
  • 1964年(昭和39年)スズキ竜洋テストコース竣工、日本自動車研究所の谷田部テストコース竣工
  • 第1回全日本トライアル選手権開催(浅間高原)、鈴鹿18時間耐久オートバイレース開催
  • ヤマハが世界GPの250ccクラスで初めてのメーカー&ライダーチャンピオンを獲得
  • 川崎航空機工業がメグロ製作所を吸収、トーハツが倒産
  • 1965年(昭和40年)船橋サーキット会場
  • ホンダがタイに合弁会社、タイホンダマニュファクチャリングを設立、イギリスにホンダUK(現在のホンダモーターヨーロッパ)を設立
  • 高速道路でのヘルメット着用義務化と2人乗り禁止
  • ホンダが世界戦略車ドリームCB450発売
  • 1966年(昭和41年)富士スピードウェイ(FISCO)竣工
  • 世界GPにおいて、ホンダが史上初の5クラス全種目でメーカーチャンピオンを獲得
  • 道路交通法改正により、二輪免許(51cc以上)を統一
  • カワサキが650-W1を発売
  • 1967年(昭和42年)MFJ全日本選手権がスタート(ロードレース、モトクロス)
  • ホンダ・スーパーカブが生産累計500万台を達成
  • 1968年(昭和43年)ホンダが二輪車生産累計1000万台を突破
  • 富士重工がラビットスクーター生産を終了、日本メーカーは4社体制へ
  • 二輪車の輸出が100万台を突破(114万台)
  • ヤマハDT-1発売
  • 1969年(昭和44年)川崎重工業、川崎車輌、川崎航空機工業が合併
  • カワサキが2ストローク3気筒搭載の500SSマッハ3(H1)を発売
  • ヤマハの袋井テストコース竣工
  • ホンダ・ドリームCB750FOUR発売、米国・カナダへ輸出開始
  • 二輪車輸出台数(130万台)が国内出荷台数を初めて上回る
  • 1962年(昭和37年)鈴鹿サーキット竣工

  • 1968年(昭和43年)ホンダが二輪車生産累計1000万台を突破

1970年代

1970年代の出来事を表示

  • 1970年(昭和45年)筑波サーキット、間瀬サーキット竣工
  • モトクロスがブームになり、各地にモトクロス場が完成
  • ヤマハ650XS1発売
  • 1971年(昭和46年)岡山県・中山サーキット竣工
  • スズキGT750発売
  • 1972年(昭和47年)カワサキがスーパースポーツモデル、Z1を発売、スズキがGT380を発売
  • 西日本サーキット竣工
  • 二輪車のヘルメット着用が義務化
  • スズキがロータリーエンジン車RE-5を発売
  • この年、ナナハンブームが発生
  • 1973年(昭和48年)ホンダが二輪車生産累計2000万台を達成
  • 本田技術研究所の二輪車研究開発部門を分離し、朝霞研究所が発足
  • ヤマハが世界GPモトクロスで初めてのメーカー&ライダーチャンピオンを獲得
  • カワサキが国内向けに750RS(Z2)を発売
  • 1974年(昭和49年)ホンダが米国でゴールドウイングGL1000を発表、国内向けにはCB400Foueを発売
  • 1975年(昭和50年)カワサキが米国で二輪の凄惨を開始
  • スポーツランドSUGOが竣工
  • 自動二輪免許に小型・中型の限定区分を制度化
  • 1976年(昭和51年)ホンダがヨーロッパ二輪耐久ロードレース・ボルドール24時間で優勝
  • 株式会社新井広武が国際化に対応するため、新井ヘルメットを設立
  • スズキがGSシリーズ(400cc、550cc、750cc)を発売
  • ホンダがソフトバイクブームの火付け役、ロードパルを発売
  • ヤマハがホンダ・ロードパルの対抗馬、パッソルを発売、
  • 1977年(昭和52年)ロードレース世界GPで、片山敬済が日本人として初めてチャンピオンを獲得(350cc)
  • 1978年(昭和53年)第1回鈴鹿8時間耐久ロードレース開催
  • ホンダが米国に二輪車生産会社、ホンダオブアメリカマニュファクチャリング(HAM)を設立
  • ヤマハがSR400を発売、現在まで続くロングセラーに
  • モトクロス世界選手権GP125で、渡辺明が日本人として初のチャンピオンを獲得
  • ホンダが6気筒スポーツモデル、CBXを発売
  • 月刊『別冊モーターサイクリスト』創刊
  • 1979年(昭和54年)51cc以上の二輪車にヘルメット着用が義務化される
  • 第1回パリ・ダカールラリーでヤマハXT500が総合優勝
  • ホンダCB750F発売、カワサキZ1300発売
  • 1978年(昭和53年)第1回鈴鹿8時間耐久ロードレース開催

1980年代

1980年代の出来事を表示

  • 1980年(昭和55年)ホンダがスペインに合弁会社、モンテッサ・ホンダ設立
  • ホンダが二輪世界耐久選手権シリーズで初代ワールドチャンピオンを獲得
  • ホンダとヤマハの原付販売競争=HY戦争が激化
  • ヤマハがRZ250を発売
  • 1981年(昭和56年)スズキがGSX1100S KATANAを発売
  • 1982年(昭和57年)国内二輪車販売台数が過去最高の329万台を記録
  • 全国高等学校PTA連合会が「三ない運動」を正式に決議
  • 映画「汚れた英雄」公開
  • RZ250の対抗馬、ホンダVT250F発売
  • 1983年(昭和58年)スズキがRG250Γ発売、レプリカブームに火を付ける
  • 1984年(昭和59年)ヤマハが世界最速モデルFJ1100を発売、カワサキもGPZ900Rを発売
  • スズキが400ccのレプリカモデルGSX-Rを発売
  • 『サイクルパーツオールカタログ』創刊(※以降年1回発行)
  • 1985年(昭和60年)スズキが油冷4気筒を搭載するGSX-R750を発売
  • ヤマハのレーサーレプリカモデルTZR250発売、現在にも続くトレール車、セロー225発売、独特のスタイルを持つVMAX発売
  • 1986年(昭和61年)ホンダがタイに二輪車の販売合弁会社、A.P.ホンダを設立
  • ホンダがレーサーレプリカモデルNSR250Rを発売、250スクーター、フュージョンを発売
  • スズキが旗艦モデルGSX-R1100を発売
  • 1987年(昭和62年)ホンダがパリ・ダカールラリー二輪部門で1・2位を獲得
  • ホンダが二輪車生産累計で世界初の5000万台を達成
  • 1988年(昭和63年)アメリカンクルーザー人気に火を付けたホンダ・スティード400発売
  • 1989年(平成元年)カワサキ・ゼファー発売、東京モーターショーでZZ-R1100を発表
  • 1980年(昭和55年)ホンダとヤマハの原付販売競争=HY戦争が激化

  • レプリカブーム

1990年代

1990年代の出来事を表示

  • 1990年(平成2年)鈴木自動車工業が株式会社スズキに社名変更
  • 1991年(平成3年)本田宗一郎氏逝去
  • ホンダが鈴鹿製作所での二輪生産を終了、以後、熊本・浜松製作所へ移管
  • 季刊『オールドタイマー』創刊
  • 1992年(平成4年)ホンダ・スーパーカブが生産累計2000万台を達成(世界初)
  • ホンダが現在に続くヒットモデルCB1000SUPER FOUR、CB400SUPER FOUR、CBR900RRを発売、また楕円ピストン採用モデルNRを発売
  • 1993年(平成5年)世界GP250ccクラスで原田哲也がチャンピオンを獲得
  • 1994年(平成6年)世界GP125ccクラスで坂田和人がチャンピオンを獲得
  • スズキ・ボルティー発売
  • 1995年(平成7年)世界GP125ccクラスで青木治親がチャンピオンを獲得
  • ヤマハ・マジェスティYP250発売
  • ホンダが250クルーザー、Vツインマグナを発売、大ヒットに
  • 1996年(平成8年)ホンダがベトナムに合弁会社、ホンダ・ベトナムを設立
  • ヤマハがインドネシアで合弁会社を設立
  • 大型自動二輪免許が指定教習所で取得可能に
  • 世界GP125ccクラスで青木治親が2年連続でチャンピオンを獲得
  • 世界最速を標榜したホンダCBR1100XX発売
  • 1997年(平成9年)ツインリンクもてぎが竣工
  • ホンダが二輪車生産累計1億台を達成
  • 1000ccVツインを搭載するホンダVTR1000F、スズキTL1000S発売
  • 『日本モーターサイクル史』刊行
  • 1998年(平成10年)ヤマハが本社敷地内にヤマハコミュニケーションプラザを開設
  • ヤマハがスーパースポーツモデルYZF-R1を発売
  • 世界GP125ccクラスで坂田和人がチャンピオンを獲得
  • スズキが250ssスクーター、スカイウェイブを発売
  • 『スクーターfan』創刊
  • 1999年(平成11年)ホンダが二輪社初の可変バルブシステム「ハイパーVTEC」を開発
  • スズキが1300ccエンジン搭載のフラッグシップGSX1300R隼を発売
  • スズキが二輪車生産累計4000万台を達成
  • 1991年(平成3年)本田宗一郎氏逝去

  • 1997年(平成9年)ツインリンクもてぎが竣工

2000年代

2000年代の出来事を表示

  • 2000年(平成12年)カワサキがモノコックフレームを採用したニンジャZX-12Rを発売
  • スズキが1000ccスーパースポーツGSX-R1000を発売
  • 2001年(平成13年)世界GP250ccクラスで加藤大治郎がチャンピオンを獲得
  • 二輪車の業務提携でスズキとカワサキが合意
  • ホンダがゴールドウイングがフルモデルチェンジ、1800ccに
  • ヤマハがスポーツスクーターTMAXを発売
  • 2002年(平成14年)ヤマハが台湾のYMTに国内向け50ccスクーターの生産を移管
  • スズキ・スカイウェイブ650発売
  • 2003年(平成15年)スズキが「1cc1万円」を実現した原付スクーター、チョイノリを発売
  • 2004年(平成16年)MotoGPで、ヤマハのバレンティーノ・ロッシがライダーチャンピオンを獲得
  • トライアル世界GPで藤波貴久がチャンピオンを獲得
  • 2005年(平成17年)高速道路における2人乗りが可能に
  • 2008年(平成20年)ヤマハがMotoGPにおいてメーカー、チーム、ライダーの3冠を獲得(2009年も獲得2冠達成)
  • 『HONDA モーターサイクル・レーシング・レジェンド』発行
  • 2009年(平成21年)世界GP250ccクラスで青山博一がチャンピオンを獲得
  • スズキが歴代モデルを展示する「スズキ歴史館」を開館
  • 2004年(平成16年)MotoGPで、ヤマハのバレンティーノ・ロッシがライダーチャンピオンを獲得

  • 2009年(平成21年)世界GP250ccクラスで青山博一がチャンピオンを獲得

2010年代

2010年代の出来事を表示

  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)スズキが二輪車事業を静岡県浜松市内に周約
  • 『別冊オールドタイマー』創刊
  • 2012年(平成24年)スズキGSR250を発売
  • ホンダが新時代の公道モデルNC700S/Xを発売
  • 2013年(平成25年)スズキVストローム650ABS発売
  • 2014年(平成26年)ヤマハがプラットフォーム戦略に基づくMT-09を発売
  • スズキのフラッグシップ車、ハヤブサに日本仕様が発売される
  • 『バイク図鑑』創刊 以降年1回発行
  • 2015年(平成27年)MotoGP参戦マシンRC213Vを一般公道で走行可能にしたRC213V-Sを発売
  • カワサキがスーパーチャージャー付きモデルH2/H2Rを発売
  • スズキが公道スポーツモデルGSX-S1000/Fを発売
  • 『ヴィンテージパラダイス』創刊
  • 2016年(平成28年)ヤマハが国内向け50cc車の生産・開発において、ホンダとの提携の検討を開始
  • ホンダ熊本製作所が熊本地震により被災、一時生産休止となる
  • カワサキZRX1200ダエグ、W800がファイナルエディションを発売し生産終了に
  • 2017年(平成29年)ホンダ・スーパーカブが生産累計1億台を達成する見通し
  • スズキがインド向けモデル、ジクサーを日本国内にも投入
  • ホンダCBR1000RRがモデルチェンジ、モンキーが生産終了