技術の革新はいうまでもなく、ユーザーの嗜好や時代の変化に呼応していくかたちで、クルマはつねに進化・発展してきた。
それぞれの年代の出来事とともに60年を振り返ってみたい。

4輪事業部

1950年代

1950年代の出来事を表示

  • 1951年(昭和26年)代用燃料車から石油燃料車への転換禁止解除、木炭自動車消える。
  • 1951年(昭和26年)トヨペットSF(トヨタ)発売
  • 1953年(昭和28年)海外メーカーとの技術提携による車両組み立て開始
  • 1953年(昭和28年)日野ルノーPA発売
  • 1953年(昭和28年)オースチンA40(日産)発売
  • 1953年(昭和28年)ヒルマンPH10(いすゞ)発売
  • 1954年(昭和29年)第1回全日本自動車ショー(後の東京モーターショー)開催
  • 1955年(昭和30年)通商産業省(現・経済産業省)が国民車構想(4人乗り・時速100㎞・25万円)を発表
  • 1955年(昭和30年)トヨペットクラウンRS(トヨタ)発売
  • 1957年(昭和32年)海外技術提携車を完全国産化
  • 1957年(昭和32年)プリンススカイライン(富士精密)発売
  • 1957年(昭和32年)トヨペットコロナST10(トヨタ)発売
  • 1957年(昭和32年)ダットサン210(日産)発売
  • 1957年(昭和32年)軽3輪車登場
  • 1958年(昭和33年)スバル360(富士重工 ※現在の社名はスバル)発売
  • 1958年(昭和33年)都内にパーキングメーター設置
  • 1959年(昭和34年)プリンスグロリア1900(富士精密)発売
  • 1959年(昭和34年)ダットサンブルーバード310(日産)発売
  • 1959年(昭和34年)「緑のおばさん」登場

小社雑誌「月刊モーターサイクリスト」は、当時二輪誌にもかかわらず小型四輪車を紹介する記事を掲載していた。だが、その多くはヨーロッパメーカーの小型乗用車。国産車では軽商用車(三輪&四輪)の記事がちらほらと見られる程度だ。

その理由は当時のクルマ事情を考えるとうなづける。1950年代前半の日本の自動車市場は商用目的のトラックとバスが中心。パーソナルユースとしての国産乗用車は、世界的水準から見て質と量の両面で未熟だったからだ。

日本の自動車工業の本格的な回復時代となった1950年代における、各自動車メーカーの乗用車開発・生産には“2つの道”があった。

1つは、海外メーカーとの提携。日産は英国のオースチンと、いすゞは英国のヒルマン、日野はフランスのルノーと技術提携を結んだ。ノックダウン生産により技術の導入を図り、国産化への足がかりとするためだった。

もう1つは、トヨタや富士精密(プリンス。のちに日産と合併)、富士重工(現・スバル)などのメーカーが選択した純国産路線。試行錯誤を繰り返しながらの開発により、1950年代半ば以降に次々と新型モデルを発表した。その開発には、第2次世界大戦終結前に軍用機などを開発・生産していた元航空機メーカーの技術者たちが携わっている。

1960年代

1960年代の出来事を表示

  • 1960年(昭和35年)道路交通法施行
  • 地下駐車場出現(東京・丸の内)
  • セドリック(日産)発売
  • マツダR360クーペ(東洋工業)発売
  • 1961年(昭和36年)交通渋滞激化のため「交通情報センター」を新設
  • 四輪・三輪の生産台数100万台突破
  • パブリカUP10(トヨタ)発売
  • 1962年(昭和37年)自動車保有台数500万台を突破
  • ダットサンフェアレディ1500 SP310(日産)発売
  • スズライトフロンテ360TLA(スズキ)発売
  • 1963年(昭和38年)年間の新車登録台数が100万台を突破
  • ホンダS500(ホンダ)発売
  • 1964年(昭和39年)「全日本自動車ショー」の名称を、第11回から「東京モーターショー」に変更
  • プリンススカイライン2000GT(プリンス)発売
  • ホンダがF1に初参戦(第6戦ドイツGP/マシン:RA271)
  • 月刊『ドライバー』創刊
  • 1965年(昭和40年)自動車運転免許保有者が2000万人を突破。
  • 軽免許を普通免許に吸収。原付二種以上を自動二輪免許に一本化
  • 名神高速道路が全通
  • トヨタスポーツ800(トヨタ)発売
  • シルビア(日産)発売
  • ホンダがF1で初優勝(最終戦メキシコGP/マシン:RA272/ドライバー:リッチー・ギンサー)
  • 1966年(昭和41年)「マイカー元年」自動車大衆化時代の幕開け
  • ダットサンサニー(日産)発売
  • カローラ(トヨタ)発売
  • スカイライン2000GT-B(日産)発売
  • スバル1000(スバル)発売
  • 日産自動車とプリンス自動車工業が合併
  • 1967年(昭和42年)自動車保有台数が1000万台を突破
  • 日本の自動車生産台数が世界第2位に
  • ホンダN360(ホンダ)発売
  • トヨタ2000GT(トヨタ)発売
  • マツダコスモスポーツ(東洋工業)発売
  • センチュリー(トヨタ)発売
  • ハイエースワゴン(トヨタ)発売
  • 1968年(昭和43年)自動車取得税実施(自家用自動車取得額の3%)
  • 乗用車運転席の安全ベルト義務化
  • 乗用車の生産台数が、トラック・バスを上回る
  • いすゞ117クーペ(いすゞ)発売
  • 1969年(昭和44年)東名高速道路が全通
  • スカイライン2000GT-R(日産)発売
  • フェアレディZ(日産)発売

日本の自動車産業の育成・発展を図る目的で1955年に通商産業省(現・経済産業省)が発表した「国民車構想」を受けて、各メーカーは軽自動車と小型乗用車の開発に着手。なかでも1958年に発表された富士重工(現・スバル)のスバル360は、傑作車として現在でも人々の記憶に刻まれている。

1960年代前半はコンパクトで安価なクルマが次々と発売され、“高嶺の花”だったクルマが身近なものへと変わるきっかけを作った。スバル360やスズキのスズライト、東洋工業(現・マツダ)のキャロルといった軽自動車が熾烈なシェア争いを繰り広げる一方、大衆車と呼ばれる600〜1500ccクラスのクルマの販売が大きく伸びていったのだ。

一方、国内の自動車保有台数が増加していく一方で、国内自動車メーカーは厳しい状況に立たされていた。

販売競争激化に伴う新車価格の値下げ競争による消耗。そして、それまでは国内メーカーの量産規模の小ささや価格競争力がないなどの理由から見送られていた輸入乗用車完全自由化(1965年)。それらにより国内の自動車産業は合併など業界再編の動きが見られた。

そんななか、小社は1964年に「月刊ドライバー」を創刊した。

「日本の自動車産業は、いま最も大切な局面に立ち向かっています。この難しい時期に、自動車専門誌である月刊<ドライバー>を発刊することは、至難な業かもしれません。しかし、この時期を敢えて選んで発刊することに踏み切った次第であります」

(月刊ドライバー 1964年4月号「創刊のことば」<酒井文人>)

月刊ドライバー創刊の2年後の1966年、「マイカー元年」にふさわしいモデルが登場した。日産がダットサンサニーを、トヨタがカローラを発売。2車のスタイリングは従来モデルとは一線を画す洗練されたもので、特にカローラは上級車にひけ目を感じない質感の高さと豊富な装備がユーザーに受け入れられた。

1970年代

1970年代の出来事を表示

  • 1970年(昭和45年)鉛公害問題がクローズアップ。アメリカ上下院で「マスキー法」可決
  • セリカ(トヨタ)発売
  • コルトギャランGTO(三菱)発売
  • 月刊『ドライバー』を毎月5日・20日の月2回刊に移行
  • 1971年(昭和46年)自動車保有台数が2000万台を突破
  • 自動車重量税法が施行される
  • サバンナ(マツダ)発売
  • 1972年(昭和47年)自動車初心者マーク制度を導入
  • マークⅡ(トヨタ)発売
  • カローラレビン(トヨタ)発売
  • シビック(ホンダ)発売
  • 1973年(昭和48年)石油ショックにより、日曜・祝日のガソリンスタンド休業
  • 自動車運転免許保有者が3000万人を突破
  • 1974年(昭和49年)自動車前席3点式ベルト、後席2点式ベルトの義務化
  • 1975年(昭和50年)ガソリンの無鉛化スタート
  • 第21回東京モーターショーより隔年開催となる
  • 1976年(昭和51年)自動車保有台数が3000万台を突破
  • アコード(ホンダ)発売
  • 日本で初めてF1GPが開催される(富士スピードウェイ)
  • 1978年(昭和53年)乗用車保有台数が2000万台、二輪車保有台数が1000万台を突破
  • プレリュード(ホンダ)発売
  • 1979年(昭和54年)自動車運転免許保有者が4000万人を突破

高度経済成長期のピークを迎えつつあった1960年代後半、各メーカーが豪華さを演出したモデルやスポーツカーなど、魅力的なモデルを次々に発表。クルマが人々の夢の対象として輝きを放つ時代が到来したのをうけて、1970年に「月刊ドライバー」が月2回刊に移行した(5日、20日発売)。

自動車保有台数が2000万台、自動車運転免許保有者が3000万人をそれぞれ突破する一方で、大気汚染などの公害問題が顕在化していた。アメリカでは強力な大気汚染防止法(マスキー法)が成立、日本でも排出ガス規制を開始した。

さらに、1973年の第4次中東戦争勃発をきっかけとした原油価格の値上がりにより「石油危機(オイルショック)」が発生。自動車メーカーは、「低公害」と「省エネ」に取り組む必要に迫られ、それぞれの方式と対策を打ち出して規制をクリアしていった。

当初、排出ガス規制対応車は「走らない」とされ販売台数にも影響が出たものの、各メーカーの技術革新により排ガス規制による走行性能の低下は語られなくなっていった。そして、一時的に姿を消していたスポーティモデルも続々と復活した。

1980年代

1980年代の出来事を表示

  • 1980年(昭和55年)日本の自動車生産が1104万台で世界一になる
  • 日本の自動車メーカーのアメリカでの現地生産が始まる
  • スピード違反取り締まりカメラ設置
  • 月刊『カーボーイ』創刊
  • 1981年(昭和56年)自動車保有台数が4000万台を突破
  • 対米乗用車輸出規制が始まる
  • ソアラ(トヨタ)発売
  • シティ(ホンダ)発売
  • 5代目ファミリア(マツダ)が発売。FF化され、若者を中心に大ヒットモデルとなる
  • 1982年(昭和57年)中央自動車道が全通
  • マーチ(日産)発売
  • 1983年(昭和58年)新車の車検が3年間に延長
  • パジェロワゴン(三菱)発売
  • 1984年(昭和59年)自動車運転免許保有者数が5000万人を突破
  • 日本の自動車メーカーのヨーロッパでの現地生産が始まる
  • MR2(トヨタ)発売
  • 1985年(昭和60年)自動車輸出が史上最高を記録(684万台)
  • FFジェミニ(いすゞ)発売
  • レジェンド(ホンダ)発売
  • アルシオーネ(スバル)発売
  • 1986年(昭和61年)デリカスターワゴン(三菱)発売
  • ホンダ、F1GPでコンストラクターズタイトルを初めて獲得(マシン:ウィリアムズ・ホンダFW11/ドライバー:ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル)
  • 1987年(昭和62年)中嶋悟が日本人で初めてのF1GPレギュラードライバーに(マシン:ロータス・ホンダ99T)
  • 10年ぶりにF1GPを日本で開催(鈴鹿サーキット)
  • ホンダ・レジェンドが国産車初のSRSエアバッグシステムを搭載
  • Be-1(日産)発売
  • 1988年(昭和63年)スパイクタイヤの1990年末廃止を決定
  • シーマ(日産)発売。※正式名称はセドリックシーマ/グロリアシーマ
  • エスクード(スズキ)発売
  • 1989年(平成元年)第28回東京モーターショー。東京・晴海から千葉・幕張へ会場移転
  • レガシィ(スバル)発売
  • スカイラインR32GT-R(日産)発売
  • ユーノスロードスター(マツダ)発売
  • セルシオ(トヨタ)発売

自動車生産が世界第1位となり、自動車の輸出台数が史上最高を記録、海外に乗用車生産工場を設立するなど、1980年代は日本の自動車メーカーの海外進出が大きく進んだ時代だった。

それまでは法人の社有車というイメージが強かった高級セダンの「多様化」が始まったのもこの年代だ。トヨタ・ソアラや日産・レパードは高級車のパーソナル化の先駆けとなり、1980年代半ばには「マークⅡ3兄弟」と言われたトヨタのマークⅡ/チェイサー/クレスタが大ヒットした。

また、ホンダのプレリュード(2代目)や日産・シルビア(5代目)などのスペシャルティクーペ、ルーフキャリヤにサーフボードを載せて「陸(おか)サーファー」という流行語まで生み出すきっかけとなった“赤いファミリア”ことマツダ・ファミリア(2代目)に代表される2ボックスハッチバックモデルが、「デートカー」として若者の高い支持を得たのも1980年代の特徴だ。

1985年の先進5か国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)での「プラザ合意」によるドル安円高への誘導がきっかけとなり、不動産などの資産価格の高騰や個人消費の拡大に代表される「バブル経済」(1987年〜1991年)により、高級車の販売が急速に

拡大した。1988年には、高額な商品が盛んに売れる象徴として“シーマ現象”と呼ばれ社会現象にもなった日産・シーマが、1989年にはトヨタ・セルシオが発売されている。

1990年代

1990年代の出来事を表示

  • 1990年(平成2年)自動車免許保有者数が6000万人を突破
  • エスティマ(トヨタ)発売
  • NSX(ホンダ)発売
  • 1991年(平成3年)第59回ル・マン24時間レースで日本車が初めての総合優勝(マツダ・787B)
  • カプチーノ(スズキ)発売
  • RVR(三菱)発売
  • 月刊『オートキャンパー』創刊
  • 1992年(平成4年)インプレッサ(スバル)発売
  • 1993年(平成5年)このころ、クロカン4WDや1ボックスワゴン、ステーションワゴンを日常生活に使うユーザーが増加し、空前のRV(レクリエーショナル・ビークル)ブームが起こる
  • ワゴンR(スズキ)発売
  • 1994年(平成6年)F1でアイルトン・セナ選手がレース中に激突死(サンマリノGP)
  • RAV4(トヨタ)発売
  • オデッセイ(ホンダ)発売
  • 1995年(平成7年)自動車保有台数が7000万台を突破
  • 世界ラリー選手権(WRC)でスバルが年間ダブルタイトル(マニュファクチャラーズ部門/ドライバー部門。マシン:インプレッサ)を獲得
  • ボンゴフレンディ(マツダ)発売
  • CR-V(ホンダ)発売)
  • ムーヴ(ダイハツ)発売
  • 1996年(平成8年)VICS(道路交通広報システム)サービスを首都圏で開始
  • S-MX(ホンダ)発売
  • ステップワゴン(ホンダ)発売
  • デミオ(マツダ)発売
  • 1997年(平成9年)トヨタが世界初の量産ハイブリッド自動車「プリウス」を発売(12月)
  • エルグランド(日産)発売 ※正式名称はキャラバンエルグランド/ホーミーエルグランド
  • 自動車希望ナンバー制度を導入
  • パリ=ダカールラリーで篠塚健次郎が日本人ドライバーとして初めての優勝(マシン:三菱・パジェロ)
  • 1998年(平成10年)軽自動車規格改正により、各メーカーが新規格の新型車を次々に発表 
  • 1999年(平成11年)日産、ルノーと資本提携
  • ヴィッツ(トヨタ)発売
  • セレナ(日産)発売
  • S2000(ホンダ)発売

それまでの車高の低いローフォルムのセダンやクーペが“カッコイイ”とされた風潮に代わり、1990年代はクロカン4WDやステーションワゴン、トールスタイルの1ボックスワゴンやミニバンの人気が高まった。それを受けて各メーカーはこれらのモデルを次々に発売。「RV(レクリエーショナル・ビークル)ブーム」の到来だ。

スキーやMTBをクルマに積んで仲間とアウトドアスポーツをしたり、オートキャンプ場や河原でバーベキューを楽しんだりするためのクルマ。たくさんの荷物を積み多くの人を乗せるには、車高が高いパッケージングが最適。さらに走る道を選ばない4WD……と、若者のクルマに対する価値観や好みが変化し、多様化したのだ。

そのRVブームが真っ盛りのなか、小社は1991年に「月刊オートキャンパー」を創刊した(当時の名称は「月刊ドマーニ」)。

表紙のコピーは「オートキャンプ&RV情報誌」。RVやキャンピングカーを使ってオートキャンプやアウトドアスポーツを楽しむ人に向けた雑誌だ。創刊当時はキャンピングカーの保有台数は少なく、国内のキャンピングカービルダーの数も、現在とは比ぶべくもない時代だった。

2000年代

2000年代の出来事を表示

  • 2000年(平成12年)チャイルドシートの着用義務付け
  • ホンダ、F1に復帰(ホンダF1第3期。2008年まで)
  • エクストレイル(日産)発売
  • 2001年(平成13年)フィット(ホンダ)発売
  • ノア/ヴォクシー(トヨタ)発売
  • 2002年(平成14年)ホンダ・フィットが国内年間販売台数1位(33年間連続1位だったトヨタ・カローラを抜く)
  • アルファード(トヨタ)発売
  • コペン(ダイハツ)発売
  • 2003年(平成15年)全国の9割以上にあたる895料金所にETCの整備が完了。ネットワークを形成している道路については、基本的にすべての料金所に整備を完了。
  • インディ・レーシングリーグ(IRL)日本で初開催(第3戦・ツインリンクもてぎ)
  • 2004年(平成16年)5代目ハイエース(トヨタ)発売
  • 2005年(平成17年)レクサスが日本開業
  • FIA公認の国際シリーズレース「SUPER GT」誕生
  • ノート(日産)発売
  • 季刊『ハイエースfan』創刊
  • 2006年(平成18年)LS(レクサス)発売
  • 『キャンピングカーオールアルバム』創刊
  • 2007年(平成19年)GT-R(日産)発売
  • デリカD:5(三菱)発売
  • 『軽キャンパーfan』創刊
  • 2008年(平成20年)すべての座席のシートベルト着用が義務化される
  • フリード(ホンダ)発売
  • 2009年(平成21年)2008年秋の金融危機(リーマン・ショック)により、新車販売台数が落ち込む
  • 「エコカー減税」制度(自動車重量税、自動車取得税の特例措置)がスタート
  • 電気自動車「i-MiEV」(三菱)発売

2004年に15年ぶりにフルモデルチェンジされたトヨタ・ハイエースは、商用だけでなくパーソナルユースとしても高い人気を誇り、13年目となる現在も販売されている。そのボディバリエーションの豊富さと広い室内空間は、キャンピングカーのベース車としても広く採用されている。小社は2005年に「ハイエースfan」を創刊した。

1998年に施行されたボディサイズ拡大などの軽自動車規格改正後、軽自動車メーカーはすべてのラインアップモデルを順次新しい規格に対応したモデルチェンジを行なった。そんななか、コンパクトなボディでありながら広い車内空間を実現した高効率なパッケージングの1ボックス車がのちの車中泊ブームをけん引するきっかけとなり、小社は軽自動車ベースのキャンピングカーを扱った「軽キャンパーfan」を2007年に創刊した。

2000年代は、軽自動車とコンパクトカー、ミニバンがユーザーに受け入れられ、広く浸透した時代だ。

2010年代

2010年代の出来事を表示

  • 2010年(平成22年)電気自動車「リーフ」(日産)発売
  • LFA(レクサス)発売
  • スバルがステレオカメラによる運転支援システム「アイサイト」をレガシィに搭載
  • 2011年(平成23年)アクア(トヨタ)発売
  • Nボックス(ホンダ)発売
  • ミライース(ダイハツ)発売
  • 2012年(平成24年)プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」(トヨタ)発売
  • NV350キャラバン(日産)発売
  • 86(トヨタ)/BRZ(スバル)発売
  • CX-5(マツダ)発売
  • 2013年(平成25年)プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」(三菱)発売
  • ヴェゼル(ホンダ)発売
  • 2014年(平成26年)ミライ(トヨタ)発売
  • レヴォーグ(スバル)発売
  • ハスラー(スズキ)発売
  • 2015年(平成27年)S660(ホンダ)発売
  • CX-3(マツダ)発売
  • 2016年(平成28年)NSX(ホンダ)を26年ぶりにフルモデルチェンジして発売
  • セレナ(日産)が運転支援システム「プロパイロット」を搭載してフルモデルチェンジ
  • 2017年(平成29年)佐藤琢磨が「インディ500」を日本人ドライバーとして初制覇

2009年に「エコカー減税」がスタートし、ユーザーがクルマの環境性能、特に燃費性能に高い関心を寄せるようになった。この傾向をうけて各メーカーは省燃費新型車を次々に発売した。1997年に世界初の量産ハイブリッド車として発売したプリウスは、初代モデルの販売台数こそ年間2万台程度だったが、2006年に登場した2代目以降徐々に販売を伸ばし、現在も販売台数が上位にランクされるベストセラーモデルとなっている。

電気自動車(EV)である三菱・i-MiEV(2009年)と日産・リーフ(2010年)の発売以降、CO2などの排出ガスをまったく出さない“ゼロ・エミッション技術”に注目が集まった。ハイブリッド車とEVを融合したプラグインハイブリッド車もトヨタと三菱から発売され、高速道路のサービスエリアをはじめ全国にEV用の急速充電器が設置されている。

2014年に発売したトヨタ・ミライは、水素と酸素の化学反応によって発電する燃料電池を搭載してモーターで走る、世界初の量産型燃料電池車。燃料となる水素の供給を行なう水素ステーションの増設が課題だが、一充塡あたりの航続距離がEVより長いのが魅力だ。

ガソリン、電気、水素と、燃料の選択肢が増えた現在。そして次世代のクルマは、今後どのように進化していくのだろうか。



※参考文献「ニッポンのクルマ20世紀」(八重洲出版)