青春フォトストーリー
私のアルバムから<>
別冊モーターサイクリスト
1998年4月号に掲載された記事の転載です。

父のバイクと私のAC
北海道旭川市豊岡 山崎修一 (43歳)会社員

 母の話によると、単車狂だった父はトーハツとか、ライラックKH(写真)などに乗っていたそうです。まだクルマがきれいなので、たぶん昭和29年の納車祝いに撮影したものだと思います。


ライラックKH 250cc 1954年型と、1歳の私

■'51年、我が国に原付自転車の排気量区分が誕生し、2サイクルは60ccまで、4サイクルエンジン車は90cc以下が原付と規定され、同時に軽車両も2サイクルは150cc以下、4サイクルは250cc以下のサイクル別排気量が敷かれたが、'55年にはサイクル別が撤廃された。'54年に発売されたライラックKHも排気量区分の上限を目指し、'52年KDのボア・ストローク、57×58mmの148ccを70×63mmの242ccにボリュームアップしたモデル。
 '54年、ライラックの年産台数は4,491台で5位。1位はホンダ=2万9,539台 2位トーハツ=1万7966台 3位新明和=ポインターの8319台がベストスリー(数字は軽2輪車以上。スクーターは除く)。
(編集部・アルバム係〉


高校1年の免許取得以前に、父に北海道スズキ販売で買ってもらったスクランブラーAC90 1969年型。後ろは中学1年生だった弟。現在ACはレストア中で、リムのメッキが浮いているために物色中。購入は'69年5月ころでした

初めて買ったバイク
埼玉県大宮市高木 斉藤 孝 (66歳)無職

トーハツ 80cc 1951年型。昭和30年5月ころ撮影。当時の勤務先、大宮消防署・西分署の裏庭で、初めて乗って消防署に出勤し、得意になっているときの24歳の私と愛車

 昭和30年に私が初めて、自分のものにしたバイクです。当時のバイクは商店の旦那か、金持ちしか乗れないものだった。そんなとき近くのバイク修理店の脇にほこりまみれになり、錆びたバイクがあるのを見つけ、早速主人に交渉したところ、6,800円なら売ってもいいとのこと。当時は給料が9,800円だったので、10回払いの月賦にしてもらって買った。年式不明のトーハツバイクだったがうれしかった!
 それから錆びを落としとしたり、裁縫用の霧吹きにラッカーを入れて吹き付け、なんとか見られるようになったが、今度は後輪駆動用のベルトが切れそうで駄目、当時はパーツ屋もなくどこへ行っても売っていなかったのでがっかりしていたら、消防署出入りのポンプ屋さんが、大きな金物屋ならベルトを扱っているところがあると教えられて購入。ガソリンを入れてペダルをこぐこと30分くらい、もうかからないのかと思ったそのとき、プスプスパパパッとエンジンが回りだした。
 天にも昇る気持ちで試運転。17号国道を得意になって行き来したのを思い出します。以来40年間、50台くらいのバイクに乗り継ぎ、現在に至っています。当時は古いバイクを修理(今のレストア)して乗っているとブローカーが来てすぐ売れてしまい、いろいろなバイクにそうしては乗り、楽しめました。メグロも半年くらい乗って売ってしまい、結構いいアルバイトになったときもありました。


メグロ S-1 250cc 1952年型。消防署の前で28歳の私。昭和34年2月ころ撮影
■車体は'51年発売の、トーハツエンジンを積んだヘルス号と同型。もっともトーハツの車体は湊工業で作っていたので、エンジンはトーハツだが、斉藤さんのクルマの正式な車名は不明。トーハツは戦後、陸軍の戦車用電源充電用エンジンとして供給していたエンジンを戦後、原付自転車用に流用したことでも知られる。

〈編集部・アルバム係〉

ホークCB77(輸出車)
大阪府阿倍野区王寺 町岡 輝義 (71歳)無職

ラリーがよく開催され、クラブでコースの下見に出掛けるところ。ゼッケンには当時、梅田シネマで上映されていた映画のタイトル、「地獄の天使」ロードショウ──とある。昔は広かったこの道路も、最近では交通量と信号が多く、なかなか思うようには走れません


泉あ ・・・1の青枠ナンバー付きのCB77と私。昭和40年ころの正月に撮影。メッキしたフォークには、CAT'S RIDERSの文字が読める。旗棒、フォッグランプ、バンパーなどでドレスアップをした
 ラビットに乗るために昭和27年に免許証を取り、トーハツランペットとかCB77の輸出用を中古で購入し、アップハンドルにしたり、一文字にしたりして走り回っていました。当時、「キャットライダース」の副会長を務め、大阪近辺の人たちとバイクを楽しんでいました。その後W1→W1S→W1SAと乗り継ぎ、BMW R75→90S→K100RS→K1200RSになり、現在は「コマンド大阪」の会長として、BMW主体のクラブを運営しています。
 バイクに乗り初めてもう40年余になりますので、正確に今までに乗り継いだ機種は覚えていません。