青春フォトストーリー
私のアルバムから<19>
別冊モーターサイクリスト
※1999年3月号に掲載された記事の転載です。

青春時代
広島県広島市東区矢賀 丸石 浩 (56歳) 会社員

 会社の創立記念日で連休になり、仲間5人でツーリングに出かけた。事前準備は周到で、全員が手作りペナントをローケツ染めで作って取り付け、宿はユースホステルを利用。コースは広島→別府→宮崎→日南→青島→子供の国→えびの高原→桜島→鹿児島→指宿→熊本→阿蘇→別府→広島。いったのは春でしたがまだ寒く、1253mのえびの高原頂上では、雪と戯れている写真もあります。総走行距離のメモが見当たらないのですが、満足な舗装道路も少ないときに大したトラブルもなく、よく800km近くを走ったものと、感慨深く思い出します。現在はBMW R1100RSに乗っています。

自宅庭での私と愛車。1万円(当時の給料の1ヵ月分)くらいで、友人から譲り受けたメグロS7は、右チェンジ、左ブレーキでした。'66年3月ころ

S7のオイルタンクには、START 1966.3.27 FINISH 1966.4.1 とコース略図が書き込まれ、左ツールボックスカバーには、「御挨拶 わしゃ一散歩のつもりで、ブラリと九州を訪ねた広島っ子ですがのー」などの自己紹介を書き込みました
噴煙を上げる桜島をバックに。CB450を最大にして、小さいのはベンリイスポーツCB125が、そしてメグロS7と、神社仏閣式スタイルのCⅢ72などが、参加車でした

場所不明、延岡近辺か? 右からふたり目が25歳、独身時代の私。S7は'69年ころ、フロントフォークからのオイル吹き出しがあり、修理をしないで廃車にしています

やっと買った革つなぎ
神奈川県横浜市港北区樽町 松本高志 (44歳)地方公務員

 ヤマハスポーツ250 DS6の写真は、免許を取って初めて、箱根(静岡県)へツーリングへいったときのものです。十国峠の追い越し禁止区間で調子よく前車を抜いていたら警察官に見つかり、違反で捕まりました。ヤマハスポーツXS650Eは、友人のCB750フォアと一緒に、やはり箱根へいったときのものです。


タンク上にコロナのツーリングバックを装着した'70年型の250DS6と、16歳の私。昭和45年7月、箱根・十国峠で。DS6は、XS650E購入時に下取りに出しました


親に毎日もらう昼食代を節約し、やっと買った革つなぎをきてツーリングにいった17歳の私と'71年型XS650E。箱根ターンパイク料金所前で。昭和61年11月