青春フォトストーリー
私のアルバムから<25>
別冊モーターサイクリスト
※1999年9月号に掲載された記事の転載です。

ピジョンと両親
埼玉県大宮市御蔵 宮下徹夫 (43歳) 美容業

 写真師の父は大正2年、母は7年生まれでともに健在です。父は乗り物好きで、バイク関係のものもたくさんありますが、母と一緒のカットはこの1枚だけで、「このときは、弥生(私の姉)がお腹にいてね・・・」といっています。私はあまりバイクに興味はなかったのですが、このところのレトロブームでひょんなことから、ラビットやシルバーピジョンなどを集めはじめ、S302とC110ピーターをもっています


''47~50年ころの両親とシルバーピジョンC13。村山貯水池で

■シルバーピジョンは、三菱重工で'46年から'65年4月まで造っていたスクーター。日本のMC産業は戦後、ラビットとシルバーピジョンで今日へのスタートを切った。フロントフォーク下には、敗戦で軍需産業(三菱航空機)から平和産業へ転換した三菱の、平和にかける心意気を表したピジョンマークが付く。大きなホーンと小さなヘッドライト。ホーン横の腕木式方向指示機が時代を感じさせる。
(アルバム係)

新車で転んだ記憶
香川県大川郡白鳥町 大薮恵司(43歳) 自営業

私の町は田舎なので、16歳になると全員がバイクに乗っていました。当時の新型バイクがズラ~ッとあるでしょ、この写真のあとにこけてしまい、みんなの手を借りて家まで帰ったのですが、慣らし運転中のカワサキ350SSが傷だらけになり、ショックでした。当時、「男はカワサキ」なんていって、大のカワサキファンでしたが、今はVマックスからGSXーR1100に乗りかえて、峠をちょこちょこ走っています。そして妻には、「いつまでバイクに乗ってるの? もう年だから危ないわ」と毎度いわれますが、とても止められそうにありません。あ?っ、ドカの916が欲しい。

左端、カウリングを付けた350SSに跨るのが私。メットは旧海軍旗の旭日旗。SSは大川町の秋友モータースから購入。親父さんが面白くてたまり場になっていたが、もう、20年くらい行っていない。親父さんは、元気にしているのだろうか?

メグロS3の思い出
埼玉県大里郡妻沼町大字上根 福田隆徳 (60歳) 無職

昭和40年代の始めころは、毎週湘南海岸方面へ遠乗りに行きました。当時一緒に走ったのはトライアンフ650、CB/CL250、ヤマハ650XS1などですが、あのライダーたちは今でも元気だろうか? 当時はバイクが珍しくて、走行中に女子寮生に軟派されたこともあるんです。

昭和39年6月、26歳の私と'58年型メグロS3。当時勤務していた、川崎(神奈川県)東芝堀川町事業所の昼休みにプールサイドで。現在は'66年型のS8を愛用中です

AT90でのジャンプ
大阪府八尾市山本町北 朝村耕三 (48歳) 自営業

17歳のときに、このバイクを親父に中古を買って貰い、よく六甲山や和歌山へツーリングに行きました。ヤマハAT90は直線で90km/h出ましたが当時はW1が欲しくて、近所に止まっていたWを見てはため息を付いていました。その後、自分のお金でメグロK1 500を9万円で買いましたが5日目で事故を起こし、6年ほどバイクから遠ざかり、31歳のときに憧れのW3を買い、それから5台のWを乗り継いできました。バイクに乗るときは、いまだに青春です。

昭和44年8月25日、近所(平野区)に空き地でジャンプする19歳の私と、'66年型ヤマハAT90。この辺りは現在、工場地帯になっています

 

叔父に貰ったYC1
兵庫県加古川市野口町野口 原 明久 (44歳) 会社員

高校生だった兄は、叔父に貰ったナンバーなしのヤマハ175 YC1で国道2号線を走り、お巡りさんに止められ、許してもらえたというのどかな時代だったそうです。兄は現在バイクに乗っていませんが、私が代わりに、のめり込んでいます。
兄がもらったYC1。左後方に工具が散らかってる。'60年代後半に撮影