スーパーカブ日本一周「日本全国アポなし味探訪・モーサイ号が行く!!」 バイク専門誌モーターサイクリストにて好評連載中

2009年01月31日 []

OKINAWA


マリックスラインに乗って、沖縄に来ました。
新しく就航した「マリックス・プラス」は快適そのもの!
今、所謂「基地媒体」と呼ばれているメディアで仕事してます。
アメリカ人の方々は私の知らない単語を沢山知っているので大変です。
「モーサイ号・日本一周」の最終地点は、全く予想もしていなかった「沖縄」。
30秒前まで、人生ってわからないですよね。ホント(笑)
desk.JPG
で、続編「OKINAWA・アポ無し街探訪「トツネが行く!」
はこちらから・・・・。

posted by tsune at : 20:22 | トラックバック (0)

2009年01月30日 [ モーターサイクリスト! ]

It's only ...

mo.jpg
踊らされるな。
惑わされるな。
「金が無きゃ旅が出来ない」なんてのは、
「釣竿が無いから飢え死にしました」ってのと同じなんじゃないかな。
忘れちゃ、いけない。
あの時の気持ちを忘れちゃいけない。

posted by tsune at : 03:37

2009年01月29日 [ モーターサイクリスト! ]

馬鹿っ!

[[IMG_0032_jpg]_jpg].jpg
 馬鹿と間抜け(アホ)ではだいぶ違うと思います。
 馬鹿とは、間髪入れず、生きている者の姿です。存在の、無防備な姿、その状態を指します。
 「間」の入る余地がない「生」とは、ずいぶん性急な、疲れそうな生き方、スタイルではありますが、馬鹿はそういった生き方しか選択の余地がないというか、「選択」するという態度が、頭ではなく「本能」と化しているという意味において、たぶん、野人、原始人にちかい存在の姿なのかもしれません。
 戸恒慎司という男の生き方に触れる度に、ぼくはこいつを本当に「馬鹿っ!」だと思う。であるがゆえに、彼は、美しい。うつくしい、知性的な野人、ニンゲンだと感じる。
 では知性とは何か? 知性とは、ほんらい思考が生(魂)を彩る筋肉と化した存在、その煌めきであり、「才」であります。彼とは、哲学的な言説による存在論も、美術、アート全般についての話も全くしないが、彼の生き方そのものが、哲学的であり芸術的な「実践」に見えてくるのです。
 ぼくたちはまるで西洋人のふりして、西洋の思考法、価値認識を鵜呑みにし、これを良しとし、根源的な知性、判断能力を喪失し、なんとなく自意識の曲芸に勤しみ、これに付随する「架空の恐怖する心」ばかりを肥大してまいりました。この恐怖とは、すべて、純人間的な種類のものではなく、捏造され、加工された、概念的なものばかりなのです。
(…ここで、書いている自分がたいへん阿呆らしく思えて来たので、止めます。)
健闘を祈る。

写真・文章  写真家・海沼武史氏のブログより・・・・・・
ありがとうございます。

posted by tsune at : 23:35 | トラックバック (0)

2009年01月28日 [ モーターサイクリスト! ]

2009年1月号(総集編)

「総集編」では、「全国リアルにうまかったものマップ」や「旅の技術」「費用」を解説。
scan-65.jpg

scan-64.jpg

scan-63.jpg

scan-62.jpg

posted by tsune at : 13:06 | トラックバック (0)

2009年01月27日 [ モーターサイクリスト! ] [岩手県編] [宮城県編] [山形県編] [秋田県編] [青森県編]

2008年12月号(東北編2)

いよいよ旅も最終章。気仙沼ではフカヒレ工場に潜入。山形では「栽培〜食卓まで」の全てを手がける字年子の蕎麦に感動。宮古では、生涯最高の「焼きソバパン」に出会う。秋田では「横手焼きそば」を食べ尽くす。
scan-61.jpg

scan-60.jpg

scan-59.jpg

posted by tsune at : 12:39 | トラックバック (0)

2009年01月26日 [ モーターサイクリスト! ] [北海道編]

2008年11月号(北海道編2)

「北海道」といえばジンギスカン。トツネが「肉の全て」を学ぶ為に、卸業者さんから牧場(茶路・焼尻)まで遠征!更に最高の「ジン鍋」を求めて旭川。独特のタレのヒミツを探して滝川と富良野の農場へ!最古のレシピは?発明した近藤先生に突撃インタビュー!この一冊でジンギスカンの全てが!
scan-54.jpg

scan-53.jpg

scan-52.jpg

posted by tsune at : 12:23 | トラックバック (0)

2009年01月25日 [ モーターサイクリスト! ] [北海道編]

2008年10月号(北海道編1)

魚!魚!魚!北海道を代表する水産物「鮭」「蟹」「ウニ」を体当たり取材!増毛ではウニ漁と加工を体験。根室では秋鮭の定置網漁船に乗り込み、幻の鮭「鮭児」と出会う!花崎蟹の深遠なる旨さにノックダウン!築地出身の筆者が魚に向ける限りない愛情。渾身のルポ!
10hyoushi.jpg

10honbun1.jpg

10honbun2.jpg

posted by tsune at : 12:11 | トラックバック (0)

2009年01月24日 [ モーターサイクリスト! ] [新潟県編] [青森県編] [石川県編] [長野県編]

2008年9月号(信越編・東北編1)

日本海側を駆け抜けるモーサイ号。能登半島では「いしる」の製造現場に突入。海の無い長野県では佐久の鯉料理に舌鼓。青森では野辺地のホタテ漁船に同乗!活きているホタテを船上でしゃぶりつく!半日で新潟市から青森市まで走るという、この旅での「一日走行最長記録」を達成。北を目指し、勢いが増すモーサイ号!
scan-49.jpg

9kiji1jpg.jpg

kiji9.jpg

posted by tsune at : 18:33 | トラックバック (0)

2009年01月23日 [ モーターサイクリスト! ] [香川県編] [三重県編] [大阪府編] [奈良県編] [兵庫県編] [和歌山県編]

2008年8月号(関西編2)

大阪では「あいりん地区」「飛田新地」に滞在取材。通り過ぎるだけの取材は、モーサイ号には似合わない。膝をつきあわせ、夜を明かして語り合う。小豆島では「日本蜜蜂の専門家(実はバイク屋さん)」に学ぶ。那智勝浦は、日本一の「生まぐろ」の水揚げを誇る漁港を抱える水産基地。セリに参加し、加工場で学ぶ。野宿の連続に疲労も溜まるが、紀伊半島や熊野古道の美しさに気持ちもリフレッシュ!進め!モーサイ号!
8hyoushi.jpg

8kiji1.jpg

8kiji2.jpg

posted by tsune at : 18:19 | トラックバック (0)

2009年01月22日 [ モーターサイクリスト! ] [岡山県編] [京都府編] [広島県編] [山口県編] [滋賀県編] [鳥取県編] [島根県編] [兵庫県編]

2008年7月号(中国編・関西編1)

聴覚障害を持たれたライダーとの出会い。広島では安芸太田町で山間の魅力と人々の優しさに触れる。出雲大社、石見銀山と日本海側の魅力を満喫!京都とでは、伊根の漁師さんと出漁。定置網にかかった鯛。ピンクの魚体に流れる青い光。温泉レポートも必見!
7hyoushi.jpg

7honbun1.jpg

7kiji2.jpg

posted by tsune at : 18:07 | トラックバック (0)