スーパーカブ日本一周「日本全国アポなし味探訪・モーサイ号が行く!!」 バイク専門誌モーターサイクリストにて好評連載中

2009年01月29日 [ モーターサイクリスト! ]

馬鹿っ!

[[IMG_0032_jpg]_jpg].jpg
 馬鹿と間抜け(アホ)ではだいぶ違うと思います。
 馬鹿とは、間髪入れず、生きている者の姿です。存在の、無防備な姿、その状態を指します。
 「間」の入る余地がない「生」とは、ずいぶん性急な、疲れそうな生き方、スタイルではありますが、馬鹿はそういった生き方しか選択の余地がないというか、「選択」するという態度が、頭ではなく「本能」と化しているという意味において、たぶん、野人、原始人にちかい存在の姿なのかもしれません。
 戸恒慎司という男の生き方に触れる度に、ぼくはこいつを本当に「馬鹿っ!」だと思う。であるがゆえに、彼は、美しい。うつくしい、知性的な野人、ニンゲンだと感じる。
 では知性とは何か? 知性とは、ほんらい思考が生(魂)を彩る筋肉と化した存在、その煌めきであり、「才」であります。彼とは、哲学的な言説による存在論も、美術、アート全般についての話も全くしないが、彼の生き方そのものが、哲学的であり芸術的な「実践」に見えてくるのです。
 ぼくたちはまるで西洋人のふりして、西洋の思考法、価値認識を鵜呑みにし、これを良しとし、根源的な知性、判断能力を喪失し、なんとなく自意識の曲芸に勤しみ、これに付随する「架空の恐怖する心」ばかりを肥大してまいりました。この恐怖とは、すべて、純人間的な種類のものではなく、捏造され、加工された、概念的なものばかりなのです。
(…ここで、書いている自分がたいへん阿呆らしく思えて来たので、止めます。)
健闘を祈る。

写真・文章  写真家・海沼武史氏のブログより・・・・・・
ありがとうございます。

posted by tsune at : 23:35

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)