スーパーカブ日本一周「日本全国アポなし味探訪・モーサイ号が行く!!」 バイク専門誌モーターサイクリストにて好評連載中

2009年01月22日 [ モーターサイクリスト! ] [岡山県編] [京都府編] [広島県編] [山口県編] [滋賀県編] [鳥取県編] [島根県編] [兵庫県編]

2008年7月号(中国編・関西編1)

聴覚障害を持たれたライダーとの出会い。広島では安芸太田町で山間の魅力と人々の優しさに触れる。出雲大社、石見銀山と日本海側の魅力を満喫!京都とでは、伊根の漁師さんと出漁。定置網にかかった鯛。ピンクの魚体に流れる青い光。温泉レポートも必見!
7hyoushi.jpg

7honbun1.jpg

7kiji2.jpg

posted by tsune at : 18:07 | トラックバック (0)

2008年03月27日 [広島県編] [山口県編]

岩国・宮島・広島

岩国駅へ向かう。

昨晩の「激走疲れ」が残っていたので、駅前のドーナツ屋でコーヒー三杯。

胸焼けのまま「錦帯橋」へ。

錦帯橋」で、聴覚に障害を持たれたライダーさんと出会う。
末広さんは、この3月に尾道の聾学校を卒業され、4月からはマツダに勤務される。
卒業ツーリングは「沖縄&石垣島&西表島を一周」。約3週間の旅だ。

愛車はマグナ。携帯電話充電の為に、電源確保の工夫をされていた。

リアキャリアも、溶接による自作!

2号線を仲良く走行。途中では岩国基地の米兵さんも合流。

フェリーにバイクを積み込み、いよいよ「宮島」へ。

最高!

お約束の「鹿」登場!気分も盛り上がる。

潮の満ち引きで景観が変わる為、親切な案内表示が。

境内は一方通行。

挙式が行われていた。

さあ、戻ろうか!

広島市に入り、「お好み村」に。

入店。

店選びの決め手は「聖地に御神影」。単純ですよね。

とりあえず、焼いて頂く。

広島のソースは甘い。果てしなく甘い。だけど、旨い。

末広さんは、TV電話で友人と会話。
会話に夢中!もう、俺は入り込めない!

マスター!頼むぜ!俺の相手、今はあなたしかいない!

オッケー!よろしく!

最高!ヨロシク!!

末広さんとは「お好み村」でお別れ。
手話でお別れは、左手を鋏に見立てた右手で切る仕草。
これ、「切符を切る」って事を表したもの。手話って、深いよな。話言葉より、深いよな〜。
今晩は広島ユースホステル泊。明日は原爆ドームに行ってみようかと思ってます。

posted by tsune at : 23:17 | トラックバック (0)

2008年03月26日 [山口県編]

下関・秋吉台・萩・津和野・岩国

朝、下関を出て「秋吉台」に。

朝、下関ユースホステルで出発の時に渡された握り飯。
チラシの裏に書かれていたメッセージ!ありがたい。

三角州に歴史を刻み込んだ萩の街。武家屋敷の土塀も保存されている。

漁港近くにて。

萩博物館」に足を伸ばした。

中庭も美しい。

自然体験学習の一環として、「貝殻拾いコーナー」が。

米粒大の貝殻達。我々は、ともするとミクロの世界を忘れてしまう。

萩は「夏みかん」発祥の地でもある。


美しい砂浜。全てにおいて「品のいい」土地であった。

津和野へ。久しぶりの冷え込みだ。しかし、空気は澄み切っている。
走行中、イノシシの親子と遭遇。警戒心が薄いのか、目前1mまで接近してようやく逃げて行った。

ようやく到着。先ず「道の駅」に併設されている温泉に。

夜の津和野。美しい川が流れ、山々は神々しい。なんて美しい街なんだ。

振り向けば教会。歴史的にも大きな意味を持つ土地だ。

林道を切り抜けて岩国へ移動。
寒さに震え、身体の感覚が麻痺しそうになる。天気予報では明日は雨。どうなる事やら。

posted by tsune at : 23:06 | トラックバック (0)

2008年03月25日 [ 宿 ] [山口県編]

下関市火の山ユースホステル

今年で創業47年。当時の宿泊料は100円!

設備は定期的にリフォームが加えられていて、全く古さを感じない。
むしろ、「改良」が重ねられて、創業当時より使い易くなっているのかも。
勿論、現在の喫煙所は「外」なのだが眺望最高!

夜は関門橋を眺めながらのバーベキューも可能(要予約)

創業当時(昭和35年)の談話室。並んだ灰皿が時代を感じる。

現在。(内壁はそのままなのだけれど、古さは全く感じないんだよね。)

夜景も綺麗だ。(全室から関門橋がバッチリ見える)

翌朝は、汽笛で目が覚める贅沢!

この日の朝食は、学生さんの研修会があった事もあり「バイキング形式」だった。

責任者の久保さん。このユースホステルが「清潔=快適」「歴史=味わい」となって宿泊客が楽しめるのは、この方の気配りと責任感による所が大きいと思う。
高齢の方から学生さん。そして外国人の方も、宿に対しては、かなりの高評価をされていた。

屋根付き駐輪場も完備されていて、ライダーに人気なのもうなずける。


下関市火の山ユースホステル
〒751−0813
山口県下関市みもすそ川町3−47
電話 0832−22−3753
(特典)
CK-OUT時、「チャリダー&ライダー」には、伝統の「おにぎり」サービス!
嬉しいじゃないですか!

posted by tsune at : 08:54 | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年03月24日 [ モーターサイクリスト! ] [山口県編]

新田さん!

下関でお会いしました。
愛車はリード100。ご職業はプロカメラマン!

posted by tsune at : 12:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

下関・角島・下関

角島へ。

角島大橋」はCMのシューティングにも良く使われている。

走ると、こうなる。

角島大橋」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

角島灯台は、見学料金200円。隣接の資料館の見学も出来るので格安。
我が国の灯台の歴史を体系的に学ぶ事が出来る。

階段登ると・・・。

こんなイイ事もあったりして!

気を取り直して「資料館」でお勉強!

角島にお別れ!

下関の考古博物館へ。休館日だったが、学芸員の太田さんは「どんぐりクッキー」の試作中(小学生向けの学習会用)でした。

発掘現場に案内していただく。

土器がジャンジャン出ていた。

縄文時代のセレブリティーは、こんな家に住んでいた。
今ならさしずめ「広尾」「六本木ヒルズ」といったあたりか。

宿に戻って、こんな夜景で一服。最高の一日でした。

posted by tsune at : 09:36 | トラックバック (0)