スーパーカブ日本一周「日本全国アポなし味探訪・モーサイ号が行く!!」 バイク専門誌モーターサイクリストにて好評連載中

2009年01月19日 [ モーターサイクリスト! ] [ROAD88] [愛媛県編] [香川県編] [高知県編] [徳島県編]

2008年4月号(四国編)

東京から自走で和歌山へ。フェリーで四国に上陸したモーサイ号!何を血迷ったのか「四国八十八箇所巡礼(お遍路)」に挑戦!最初の十箇所でめげそうになるも、全てを廻り「結願」する。雪が降り、氷点下を記録する中での野宿。「お接待」と呼ばれる施しを頂き、お寺の通夜堂で夜を明かす事も。自走し、体験した筆者だからこそのエピソードが数多く紹介されています。「バイク遍路」のバイブル的一冊!
scan-33.jpg

scan-32.jpg

scan-11.jpg

posted by tsune at : 14:51 | トラックバック (0)

2008年12月03日 [愛媛県編]

岩屋寺


本日は、岩屋寺。登り坂を20分登っての参拝です。

posted by tsune at : 23:36 | トラックバック (0)

2008年12月02日 [愛媛県編]

太山寺


本日は太山寺を参拝。約一年振りの参拝です。

posted by tsune at : 23:34 | トラックバック (0)

2008年12月01日 [] [愛媛県編] [動画アーカイブス]

宇和島じゃこてん、鮮度抜群!

posted by tsune at : 10:38 | トラックバック (0)

2008年10月09日 [愛媛県編]

元帥(中華料理店@松山)

081009_214305.JPG
中予ホンダさんの並びにある中華料理店
ボリューム、味。共に大満足でした。

posted by tsune at : 12:44 | トラックバック (0)

2008年10月07日 [ 温泉 ] [愛媛県編]

久米之癒(東道後温泉)

原稿書きます。書いてます。昨日と同じマクドナルドです。
081008_134646.JPG
今、松山は秋祭りの真っ最中!なんと小中学校もお休みになるらしい。
平日の昼間から、マクドナルドに子供が溢れていた理由が、やっとわかった(笑)
081007_152554.JPG
今日の温泉は、東道後にある久米之癒
愛媛県内で唯一「飲める」温泉でもあるそうです。
081007_211548.JPG

posted by tsune at : 23:50 | トラックバック (0)

2008年10月06日 [ 温泉 ] [愛媛県編]

権現温泉

朝から原稿書いてます。
081006_114323.JPG
今日も美味しい夕食をご馳走になりました。
081006_190345.JPG
夕食後、しばし歓談。権現温泉へ。閉館ギリギリ→飛び込みセーフ!
源泉ヌルヌルのいい温泉です!
風呂上りには、ペットボトルのスポーツドリンクを一気飲み!
旨いっ!最高ぉ〜っ!
081006_230029.JPG

posted by tsune at : 23:59 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月05日 [] [愛媛県編]

芋炊

今日は芋炊きを頂きました。
じゃこ竹輪や、白玉の入った「愛媛の郷土料理」です。
081005_191640.JPG

posted by tsune at : 21:31 | トラックバック (0)

2008年07月21日 [愛媛県編]

三津にて

森さんのお店、鯛めし『鯛や』。歴史ある御実家を店舗にされている。
鯛めし『鯛や』
時間が止まったかの様な店内。
鯛や店内


「天然モノの鯛」にこだわって作った「鯛めし」。
おひつ

鯛めし膳
風味に隠れた「力」を感じざるを得ない。

流れるBGMはSP盤を滑る針が奏でるアナログサウンド。
「レコードの音」を聴くなんて、何年振りだろう。
SP盤レコード
鯛や
愛媛県松山市三津1−3−21
089−951−1061
1日30食限定・要予約
 (鯛めし膳 ¥1,500)



食事後、書家・鷲野鵬山先生のお宅にお邪魔する。
鷲野先生の謦咳触れ、教えて頂いた事・・・・。
言葉にできない。難しい。
鷲野鵬山先生

三津地区の建物には、黙って歴史を見続けて来た「力」がある。住んでいる人々には「意志」がある。
レトロブームに代表される「過剰なまでの『古いモノ』尊重(礼讚)」には、
歴史が足りないアメリカ人のコンプレックスを見ている様で、どうも馴染めないのが正直な気持ち。
金持ちのクラシックカー趣味なんかにもね…。
俺は「壊れるモノは壊れてしまえ。だって、仕方ねえだろ?」なんて考えを、頭の何処かに持っていたりもする。
しかし、その対象を「良く見て」「良く触って」「じっと感じて」みた時に込み上げて来る気持ちには、
無視を決め込めない。放っておけない。
ヒトが街(モノ)を見放すのか?街(モノ)がヒトを見放すのか?
深呼吸をして、ゆっくりと対象に向き合う。
相手が相手だけに、浮ついた気持ちで向かえば、手痛いしっぺ返しが待ってる気がする。
俺は、時間や空間と静かに向き合う三津の人々に、限り無い敬意を覚えてしまいます。

posted by tsune at : 21:20 | トラックバック (0)

2008年05月07日 [愛媛県編]

モノラック

一生忘れられない体験が出来ました!
瀬戸内海を見下ろす高台を走る「モノラック」。
ビデオ中に出演されている方は、自然農法を徹底して実践されている。
所有されてる山の隅々まで「オーガニック」だ!
誰の為でもない。自然の声をそのままに…。
ツラ構えと物腰で「本物」が見抜ける様になって来た様な気がする。
「口だけ番長」には、さよならだ。生意気言って、スミマセン。

posted by tsune at : 03:18 | トラックバック (0)

2008年05月02日 [愛媛県編]

ガソリン値上げ

080502_104635.JPG
六時に目覚めて朝食。松山YHの健康メニュー。この旅に出てから、食事に気を配る様になった。ツーリングの基本は体力。間違ない。
色揚げの餌を与えたドジョウが真っ赤になってしまう様に、人間の身体も「食べ物」で大部分が決まってしまうと思う。
松山YHの平野さんは、愛媛大学農学部の卒業。食と健康に対するこだわりも半端じゃない。
「健康食=貧弱な病人食」みたいなイメージを持っていた私のイメージは一変した。作られたイメージって、恐ろしいよなぁ〜。既製概念って奴…。真直ぐな素材は、黙っていても身体が欲しがるもんです。
最近は、キャンプで即席麺を茹でても「野菜類を大量に食べる為の副食」でしかないもんな〜(笑)
野菜を食べると排便も快調。この上ない幸せだ。
平野さんは、「陰と陽」に例えて食べ物の話をする。これって長年住んでいた中華文化圏ではお約束のコト。自然なコト。そんなんで、私にはスッと入る。(あっちの方は、比較的「金」への執着が強いので、高い医療費を恐れて健康に気を配っているってのもあるんだけどね…)
まあ、病気に怯えながら健康食を求めるよりも、楽しみとして「質の高い」食事を心掛けたいと思う。恐怖を煽って情報を売り付ける「健康番組」を鵜呑みにする程、馬鹿じゃない。
食事は本来、楽しいもんだ。嬉しいもんだ!
今は道後にあるお気に入りの喫茶店「道後の町屋」でコーヒー飲んでます。ナショジオ読んで、手入れの良い庭を眺めて…。
愛媛新聞の一面は「ガソリン値上げ」。これも選挙で選ばれた政治家が決めた事だ。仕方あるまい。騒ごうが喚こうが、国会での決定は変わらないので静観する事にします。ちなみに169円になりました。
ただ、お願いだけはしておきます。「税金、有効に使って下さい。ヨロシクです。」

posted by tsune at : 10:49 | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年05月01日 [愛媛県編]

golden week

080501_182744.JPG
小豆島からフェリーに乗って、四国に戻った(ってしまった)。
高松滞在後、今は松山に居ます。
診断された病名は、「お四国病:松山中毒」(笑)。
この旅で、何度か出入りした松山。すっかりこの街に魅了されてしまった。
ゴールデンウィークという素晴らしいイベントに便乗し、松山で原稿書き&休暇を取りたいと思いますm(_ _)m
先ずは「温泉」!お気に入りの「椿の湯」に浸かって次号内容の「中国地方編」をしみじみと振り返るコトにします。
宿(松山ユースホステル)に戻ったら、画像の整理をしてメディアに焼いて、編集部にto go!しないと…。
ああ、編集担当太田さんのクレームが聞こえて来そうだぁ…「ライダー戸恒、締切前には何だかんだと理由をつけては「お気に入りの場所」に一週間は居ますねぇ〜。鹿児島、別府、下関。で、また松山ですか〜?」
いいじゃないの〜笑って許してよっ!野宿続きの山陰巡り。電源確保&ネット環境確保の命綱である「マクドナルド」が極端に少なかったんだぜっ!(言い訳にもなりませんよねぇ)
まあ、太田さん。貴方は先月のスペイン出張をバッチリenjoy?して来たんだからさっ(笑)
ちなみに国際電話を切ったあの日、羨ましかった俺は、スーパーで高価なサフラン買って、カセットコンロでパエリア(日本海の鮮度抜群な魚介使用)作ったよん!
しかし、本場はやっぱり旨かったんだろ〜な〜。
でもね、先週滞在した小豆島産のオリーブは、きっとスペイン産に負けてなかったぜっ!
今年は小豆島でオリーブが栽培されて100年目という記念すべき年。島の皆さんの熱い想いは、本場スペイン人のハートも打ち抜く事間違なし!
「願いを込めて、無敵」の小豆島オリーブ!段々畑を潜って走る道も、気持良かったなぁ…。
いけない、いけない。脱線、脱線。
ってな訳で、ゴールデンウィーク中のブログは、松山周辺の内容で御座います。
個人的な理由で申し訳ありません!お付き合いの程、何卒宜しくお願い致します!

posted by tsune at : 18:30 | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年04月30日 [愛媛県編]

宇和島YH・浅田さんとツリーハウス

松山の友人からVTR250を一日拝借。宇和島までひとっ走り!
宇和島ユースホステルの浅田さんをお尋ねした。

駐輪場の屋根もリニューアル完了!

野外活動系雑誌の5月号に掲載されているツリーハウス。男の夢ですねっ!

連休明けから6月までは、一泊千円の「ライダーパック」が再開されます。
詳細は、宇和島ユースホステルのペアレント、浅田さんにお気軽にお問い合わせ下さい!

posted by tsune at : 22:20 | トラックバック (0)

2008年04月29日 [愛媛県編]

滑川渓谷

海の後は山。滑川渓谷で森林浴。
深呼吸しながら、ゆっくり歩きました。

ぜんまい。う〜ん、春だよなっ!

posted by tsune at : 22:38 | トラックバック (0)

2008年03月31日 [愛媛県編] [広島県編]

Back to 本州

気になっていた「松山・三津地区」へ。
三津駅の駅舎は雰囲気満点。保存されている鉄道会社と地域の方の努力に頭が下がる。
新しけりゃいい!ってもんでもないもんな。

煙につられて寄ってみる。
「肉屋のコロッケ」「魚屋の焼き魚」これを外して「味」は語れない。
こんなお店、減ってきたよな。貴重だよ。


この後、ちゃっかり店の中で買った惣菜食べさせて頂きました。ありがとう!おまけに「ご飯」までつけてくれました。この店の「イチ押し」は「焼き穴子」。焼きたては最高です!
日下鮮魚松山市中須賀3−3
三津は漁港を抱える。卸売市場も目の前だ。
離島への渡し舟も運行されている。

こんな雰囲気満点の家屋が。
お伺いすれば、この雰囲気を生かして様々なイベントが行われているらしい。

渡し船(三津の渡し)も現役だ。

先を急ごう!「しまなみ海道」を走り切らないと!
1)来島海峡大橋

頼むから、時間よ止まれ。

2)伯方・大島大橋

瀬戸内に惚れてしまっても、引き返す訳にはいかない。橋の上で、思わずバイクを止めて。

3)大三島橋

4)多々羅大橋

夕映えよ、どこまで胸を締め付けりゃ気が済むんだ。

19時30分を回った。日没、俺の負け。

5)生口橋

夜景も捨てたもんじゃない。

6)因島大橋は車道の下を走る。

7)尾道大橋を渡れば、本州。

無事に尾道到着。

明日から、年度始まりですね。今日は尾道泊まりです。

posted by tsune at : 23:21 | コメント (2) | トラックバック (0)

中予ホンダさん

出発時、バッテリーの電圧低下。ナビが作動しない。
バイク屋さんに駆け込む。

「充電でいけますよっ!」
嬉しいお言葉は、中予ホンダの片野さん。

ヤード・イン!

おとなしく2時間待ちます。

「ありゃりゃ、ナビのヒューズが飛んでますよん!」

点検も兼ねて、レッグシールドを外しました。

交換・点検後は、ナビもバッチリ作動!
ありがとうございました!!

中予ホンダ
愛媛県松山市平和通2丁目2−7
電話 089-945-1551

posted by tsune at : 20:06 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年03月30日 [愛媛県編]

俺の休日@松山

今日は雨だ。

道後温泉アーケードへ。

喫茶店で「ナショ・ジオ」読んで・・・。

向かったのは「椿の湯」。


道後温泉本館。温泉ってのは「全天候型レジャー」だ。

路面電車に乗って繁華街へ。文庫を数冊購入。

ユースに戻って夕飯。今日も健康メニューで心身共にリフレッシュ!
充実だ。月曜からも頑張ろう!天気予報は「雨」だけど。

posted by tsune at : 01:43 | トラックバック (0)

2008年03月29日 [愛媛県編] [広島県編]

国防について学ぶ・呉

呉駅に到着。

海上自衛隊・呉史料館へ。

戦後、日本の海から機雷を除去する為には計り知れない苦労があった。
社会科の授業でも積極的に扱うべきだと考える。平和を手放しで得る事は出来ない。

機雷の次は潜水艦コーナー。

昼夜の区別が無い潜水艦の中では、赤色灯で身体を慣らす。

それでは、潜水艦の内部へ行ってみましょう!

後半です。

江戸時代の街並みが保存されている「竹原」に。

資料館見学は、ライフワークになりつつあります。

街並みを流すと、こうなる。

昼食。竹原港脇のうどん屋さんへ。

肉うどん。

天気も良し!船に乗って四国に渡り、「しまなみ街道」を今治から攻めるとしよう。

チケットは1700円(原付+大人)。中国地方と四国を結ぶ「最短・最速」のフェリーだ。

乗り込む!

軽く固定。今日の海は穏やかだ。

出航!

段々畑も見えるね!

しまなみ街道に架かる橋群は壮大だ。

1時間10分の航海。波方港に到着だ。

こんな道路標識を見てしまうと、心が揺れてしまう。47キロ(一時間ちょっと)走れば松山だ。

気がつけば、走ってた。「最高の年末年始」を送る事が出来たお礼も言いたい。
片思いでもいい。私は松山が大好きだ。

到着〜!
日本最初の軽便列車を模した「坊ちゃん列車」。
停車場はすぐ知れた。切符も訳無く買った。乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ。(夏目漱石・坊ちゃん)

ここ(松山ユースホステル)に来ると、何故だか元気が出て来る。
今日は、「低予算スピーカー」の作り方を教えて頂いた。
馬鹿にならない高音質。工夫って、大切だよね。ちょっと掘り下げて考えてみる事って大事だよね。

歩き遍路さんが、骨盤伸ばしてた。

食事も美味しい。
麦飯と小豆入り玄米ご飯が用意されている。

健康メニューが有難い。元気の源泉は、食事だ。

食事の後、宿泊客の方々と消灯まで色々な話をした。十人十色の物の見方。

ガンを克服された水津さんは手記を出版されていた。

一人旅。仕事を離れた会話が嬉しい。妙に凝固しそうな固定概念も緩やかに解ける。
ストーブの中で、薪が弾ける音もいいよな。
明日の天気予報は「雨」。ゆっくりしよう。今日は土曜日。明日は日曜日。俺もお休みだ。

posted by tsune at : 17:04 | トラックバック (0)

2008年01月11日 [フェリー] [愛媛県編] [大分県編]

九州上陸!

いよいよ上陸です!
八幡浜から臼杵に向かいます。

posted by tsune at : 12:55 | トラックバック (0)

2008年01月10日 [愛媛県編]

編集部・太田殿!

あなたが『伊達巻マニア・東洋・太平洋チャンピオン』である事は、
練り物業界でも有名になっております。(2月号編集後記及び編集部ブログ参照)
伊達巻を目の前に5本並べ、満足そうに腕を組むあなたの姿が目に浮かびます。

そこで、宇和島を代表する「練り物・じゃこてん」の老舗「野中かまぼこ」の専務さまからメッセージです!
鮮度抜群の「ほたるじゃこ」を瞬時に加工した「じゃこてん」は美味な上に栄養満点。

先ずはお勉強。

専務からのメッセージです!

是非、読者の皆様も機会がありましたら「宇和島で、できたてのじゃこてん」楽しんでください!

posted by tsune at : 12:23 | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年01月09日 [ 宿 ] [愛媛県編]

宇和島「じゃこてんのうた」


宇和の海から 贈り物 みんな大好き 宇和島じゃこてん

1)僕らはぴちぴち おさかなさ
  変身するんだ じゃこてんに
  身てん 皮てん やさいてん
  栄養満点 宇和島の味

2)いろんな食べ方楽しもう
 じゃこてん 使って お料理上手
 煮物 和え物 炒め物
 うどんの上にもトッピンGOO!

3)牛鬼さんと城のまち
  路地から漂ういいにおい
  揚げたて一枚くださいな
  あつあつ食べて幸せ気分

宇和の海から 贈り物 みんな大好き 宇和島じゃこてん
みんな 大好き 宇和島じゃこてん

作詞 作曲 浅田康路


CDのお知らせです

6月までのGWの除く毎日、森の宿・うわじまユースホステルではバイクによる来館者は
一泊 千円!(開館40周年記念・ライダー謝恩価格 必ず前日までに電話予約)
清潔・快適・雰囲気良し!
読者の皆さん、ガンガン泊まってください。

posted by tsune at : 19:46 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年01月08日 [] [愛媛県編]

馬肉そぼろ

「そぼろ」なんて・・・。母親が作ってくれた弁当を思い出して、涙。
大人になった僕は、愛媛県で「馬肉」のそぼろを食べてます。
おっかさん、旨いです。 to go 〜!してあげたいです。

虹の森公園内レストランにて

posted by tsune at : 15:27 | トラックバック (0)

おさかな館

入場料800円の価値はありました。

「淡水魚マニア」の私も納得。「釣りキチ三平」にも登場した、幻の魚アカメを、
この眼で見れた事にも感激。
オープンエアーの水槽は、地域の気象や環境そのまま。これもよし。

トンネル水槽は、不思議体験。現実の河川ではありえない。

副支配人の冨貴次郎さん。

機材の不備。水槽写真を上手に写せなかったのが、残念。

森の国公園 おさかな館
愛媛県北宇和郡松野町大字延野々1510−1
電話0895−20ー5006

posted by tsune at : 15:12 | トラックバック (0)

山崎さん!

遊び尽くした男が駆るSR。渋い!
山崎さんはアウトドアのエキスパート。
松野町町つくり青年会議のリーダーでもある。
経営されている山崎農機は、道の駅のすぐそば。気軽に尋ねて松野町の魅力をお伺いするのもGOOD!

posted by tsune at : 13:40 | トラックバック (0)

松野町「赤バイ」消防隊!

勤務中@松野町役場

入電!「訓練開始!!」

地元の山なら任せてねっ!

訓練終了!帰庫!

二輪の機動力をフル活用して、山間部での初期消火や救助に活躍します!
四国では唯一、「松野町」に配備されている「赤バイ」。
「隊員のみなさんの横顔」や「装備」に関しては、本誌での紹介を予定しています。

posted by tsune at : 12:10 | トラックバック (0)

2008年01月07日 [ モーターサイクリスト! ] [愛媛県編]

青山さん

愛媛県は松野町、滑床渓谷でお会いしました。
随所に改造が施されたマシンは、正に「ツーリング仕様」!
宇和島ユースのキャンペーン価格を教えていただきました。ありがとうございます!

青山さん、いい旅してまっせ〜!

posted by tsune at : 19:12 | トラックバック (0)

森の国ホテル

つり橋の向こうに見える素晴らしい外観!

目の前には常滑渓谷(国立公園)

ホールの暖炉も素晴らしい!

「ホテルがあるから周りの環境を整えたのではありません」副支配人さんのお言葉。しびれますね。

一人でいい思いしてすいません。安いんだもん。

森の国ホテル
探してください。訪ねてください。感動します。

posted by tsune at : 01:05 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年01月03日 [ モーターサイクリスト! ] [愛媛県編]

西条「鉄馬一座」さん

おちゃめなお飾り。粋です!

個性がピカッと光っていらした皆様でした!

「別冊」ともども、「モーターサイクリスト」もよろしくお願いします(笑)

posted by tsune at : 20:27 | トラックバック (0)

ROAD88 (65〜70)

仲良く並んだテント。

第六十五番「三角寺」 愛媛県最後の寺だ。

門前の郵便局には「杖かけ」が。愛媛の方はとことん優しい。

第六十六番「雲仙寺」
アイスバーンの道を延々上がる。思い出したくない道。

子供達は雪合戦!

ご褒美は柏原芳恵さんの餅撒き。

下りがこの旅での最大の難関であった。よくやるよ。

第六十七番「大興寺」 屋根の勾配が美しい。

第六十八番「神恵院」 コンクリートの中の本堂。

第六十九番「観音寺」は隣接している。徒歩10歩。

ひえ〜! 寺の真上。琴弾公園にて。

第七十番「本山寺」 素晴らしい景観の寺だ。離れたくなかった。

郷に入れば、郷に従え。夜食も香川スタイル(金ちゃんヌードル)で。

posted by tsune at : 19:57 | トラックバック (0)

2008年01月02日 [ROAD88] [愛媛県編]

ROAD88 (59〜64)

第五十九番「国分寺」

第六十番「横峰寺」雪道に泣く!

寒すぎるっちゅーの!

第六十一番「香園寺」 本堂は近代建築。

第六十二番「宝寿寺」 地元の方に話しを聞くと、左の工事部分はいつまでたっても終わらないらしい。

第六十三番「吉祥寺」 本堂と大師堂が廊下で繋がっていた。

第六十四番「前神寺」
不思議なオヤジさんと出会い、近くの東屋で一緒にテントを張る事にした。

posted by tsune at : 19:38 | トラックバック (0)

2008年01月01日 [ROAD88] [愛媛県編]

ROAD88 (54〜58)

本日は第五十四番から第五十八番までを廻りました。
今日から「平成二十年」。納札も心機一転!

「歩き遍路さん」も頑張ってます!

曇り空の瀬戸内海を望む第五十八番「仙遊寺」からの眺めは最高!

posted by tsune at : 18:32 | コメント (4) | トラックバック (0)

ミシュラン?ミシュラン!

新年、あけましておめでとうございます!

松山神社で御祓いをしていただき、お神酒を頂戴しました。

日本ならではの幸せな年明けです。
朝一番、「愛媛新聞」の一面を眺めていたら・・・・。

なんと、宿泊していた「松山ユースホステル」が紹介されていました。

しかも、ミシュランで紹介されている「愛媛県内で唯一の宿」とは・・・・!
驚き&納得。
手軽な料金(2625円/会員・一泊)ですので、皆さんも一度寄ってみては如何でしょうか?
anyway、今日は走り始め!
今年も走りますよっ!
皆様も、良いお年を!

posted by tsune at : 11:40 | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月31日 [愛媛県編]

今年もお世話になりました

香港時代を共に過ごした大阪に住む友人。年末に画像を送ってくれました。
「原点を思い出せ」のメッセージだったと思う。2002年5月25日の「日本経済新聞」。
669909073_10.jpg
「仕事について」か何かの特集記事だと記憶しています。
五年前ですから、三十四歳の時ですね。懐かしい!
時間が過ぎるのは、本当に早いものです。
アジアで駆け抜けた「二十代」。
あの時期を、「もう一度やれ」と言われても無理〜。絶対に出来ません(笑)
文字通り、「命」を張った「二十代」の十年でした。
あと九ヵ月で終わる「三十代」。
悪戯好きな神様は、情け容赦無く、数々の試練をくれましたよ(笑)
投げ掛けられる「様々な人生の難問」。逃げていちゃ、見送っちゃ、解決しないね、絶対に。
扉は、思い切り蹴り飛ばす。来た球は、フルスイングで打ち返す。
空振りしたら、もう一球投げさせりゃいいのさ。
俺を恨んでいる奴、ごめんな。恨んでいたけりゃ、墓場に入るまで恨んでな。ヨロシク。
俺が恨んでいた奴、君達の事は、全て忘れた。終わった話だ。気にするな、もう。
運命を呪った時期もあったさ。けれどね、今は神様に言ってやりたい。素直に「ありがとう」と。
さてさて、今年最大の出来事は、ファミレスでの「インドプロジェクト」を終らせ、ファミマでの「宮崎茶」と「宇治茶」の茶飲料発売を終えて、実業から撤退。執筆業に専念した事でしょうか。
築いた「事業」を捨てる事に、葛藤が無かったと言えば嘘になります。
しかし、ありあまる「裏切り」にホトホト疲れ切ったのも本音。
「もう、全部捨てよう」決まったら早いんだよ、俺。
気持ちを振り切る為にも、帳簿類だけは残して、持ち物の殆ど全てを捨てた。
捨てた量は、四トントラックで八台分(会社の備品を含む)。ビックリしたぜ!イェイ!
子供の頃からの写真や手紙、学校の成績表や賞状やトロフィー。書籍やレコード、ステレオ、衣類。パソコンも数台。 とにかく、全部捨てた。
捨てた後?それはもう、本当にスッキリしましたよ。 過去をズルズル引きずっている奴には、オススメ。 七月中旬。暑い夏の日の事だったなぁ。
そして編集部に通って準備に約三ヵ月。十月からは、二年間程お休みしていた連載も「日本一周」と、カタチを変えて再出発。何とか三ヵ月目に入るところです。
「日本を廻っていて、心境に変化、ありました? 」
ありすぎるよ(笑)
「研がれてゆく感覚」を、嫌でも自覚するよ。
自分が守り、頼っていた「壁」が、毎日毎日、ボロボロと音を立てて崩れて行くよ。
怖いから、不安だから、かき消す為に、誤魔化す為に走るんじゃあない。
もう、ガキじゃあないんだから。
結果を出そうと、「焦りにも似た、追い立てられる気持ち」は、もうないよ。
羅針盤は、自分が決める。
「全ての事象を受け入れる」そして、何かを、誰かを「愛するため」に走っている気がするな、最近は。
率直な気持ちよ。
満天の星空も、いかがわしいネオンの街も。
雨も風も。気持ちの良い並木道も、自殺の名所になっちゃってる場所も。
社会運動家も、暴走族のあんちゃんも、インチキ宗教指導者も、正義溢れる教育者も。
受け入れるのさ。先ずは受け入れちゃうのさ。話はそれから。
そんな気がしてる。
ありがとう。
みなさんのお陰で、何とか今年も大晦日を迎えられた。来年もよろしく頼みます。世界のどこかで見てて下さい。(安藤さんは、宇宙からヨロシクです)
※追伸※
先週さ、高知の足摺岬から宿毛に向かう真夜中の道を走ったんだ。
俺に振り注いだ満天の星空。そりゃ、見事なもんだったぜ!
光の一粒一粒が、あまりに鮮やか。言葉になんか出来るかよ。
あの星を追いかけたい。幾つになっても追わなきゃいけない。そんな気がしたよ。
流れる水は腐らない。まだ大丈夫かな?俺。
When you wish upon a star〜♪
バス停にバイクを停め、夜空に奉唄させて頂きました〜(笑)
気分よし!最高。

posted by tsune at : 21:46 | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月30日 [ 宿 ] [愛媛県編]

松山ユースホステル

「道後温泉・本館」から徒歩6分。小高い丘の上に松山ユースホステルはある。

エントランスでは、「ツリーハウス」がお出迎え。

ネット環境は無料開放!(何より嬉しい)

談話室

薪ストーブがありがたい

分煙された読書スペース。喫煙者には嬉しい限り。

遍路関係の蔵書も豊富。更に訪れた旅人の「生の経験談」が加わる

「岩盤浴」施設も館内にある。冷えて疲れた身体が、芯から温まった!疲労回復も実感。
宿泊客は950円/時間で利用できる。

こちらのユースは、阪神淡路大震災の時に、39人(内、老人ホームからは17人)の方々を無償で受け入れた。宿には当時のニュースを伝えるスクラップ帳がある。一読の価値あり!
「学んだ事も多かったです。」と語るのは、オーナーの母上、平野日出子さん。

オーナー(こちらでは「大統領」と呼ぶ)の平野博昭さん。
震災の援助活動の際には、2トントラックを「松山→神戸」18往復させた。

「不思議な空間と時間の宿」をキャッチコピーとするだけあって、摩訶不思議な「設備・器具・イベント」が盛り沢山!
その一「元気計測器」

その二「電磁波測定装置」(左)と、その三「マイナスイオン測定器」(右)

その四「矯正椅子・問答無用」

体験可能。

その他、「オーラ撮影装置」「キュルリアン撮影写真撮影装置」「スプーン曲げ体験」等、世俗を超越?したアトラクションも多数!(←残念ながら未体験っす)
本日は、暮れの恒例行事「持ちつき大会」が開催された!

チビッコもお手伝い

館内の風呂は24時間入浴可能!貸し出しタオル→無料!
温泉好きにはたまらない、「道後温泉」まで徒歩6分!
道後本館
「神の湯」(6時〜23時)400円   「霊の湯」(6時〜22時)1200円

地元の方に人気の「椿の湯」(6時30分〜23時)330円も、すぐ近く!

無料の「足湯」もあるけんね(写真は地域ボランティアの方々)。

これだけ揃って2625円/1泊  ・ 4200円/二食付・一泊(全てユース会員価格)(四国ユース中最安値)
本当に気に入ってしまい、四国に入って前半2泊。この年末に3泊しています。
松山ユースホステル
愛媛県松山市道後姫塚22−3
電話 089−933−6366
FAX 089−933−6378

posted by tsune at : 14:31 | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月29日 [ モーターサイクリスト! ] [愛媛県編]

二杉さん!

西林寺の前でお会いしました。
二杉庄一さん(82・お父様)と二杉茂雄さん(53)。
茂雄さんはKTM他4台を所有する、現役バリバリのライダーさんです!
青春時代にダックス70で日本一周された思い出話を聞かせて下さいました。ありがとうございます。
これからも、本誌を宜しくお願いします!

posted by tsune at : 20:11 | コメント (2) | トラックバック (0)

ROAD88 (48〜53)

八坂寺さんの「通夜堂」を出発!

第四十八番「西林寺」へ。

大街道(松山のショッピングアーケード)で休憩です。

第四十九番「浄土寺」

第五十番「繁多寺」

第五十一番「石手寺」。テレビクルーと鉢合わせ!


第五十二番「太山寺」。ここから7分歩く(バイクなら1分)。

穏やかじゃないぞ〜!

本日ラストは第五十三番「円明寺」

境内で見かけた「原付ナンバー」は、お洒落なシェイプ!!

本日は松山市内泊なり!

posted by tsune at : 19:28 | トラックバック (0)

松山市

松山市に入りました!トラム(路面電車)こそ世界遺産に指定すべきだぁ〜!大好きです。

posted by tsune at : 18:53 | トラックバック (0)

2007年12月28日 [ROAD88] [愛媛県編]

ROAD88 (44〜47)

大洲郷土館ユースホステルを出発!

弘法大師が修行中に野宿された橋。遍路さんは、この上で「杖」をつかないのがお約束。

第四十四番「大宝寺」

険しい山道を20分登る!

第四十五番「岩屋寺」..。切り立った岩山が印象的だった。

納経所で鍵をもらい、ロープと鎖を登るれば「奥の院」に到達します!

第四十六番「浄瑠璃寺」

第四十七番「八坂寺」

今晩はこちらの「通夜堂」にお世話になります。感謝です。ありがとうございます!

posted by tsune at : 17:12 | トラックバック (0)

ていれぎの湯

大人600円 子供400円
地下1200メートルから自噴している温泉。
清潔さに、満足。
入浴後、八坂寺の通夜堂にお世話になった。

ていれぎの湯
愛媛県松山市中野町甲853
電話089−963−5126

posted by tsune at : 15:03 | トラックバック (0)

2007年12月27日 [愛媛県編]

鐘はやさしく!

鐘は力任せに打てばいいもんじゃありません。
鐘楼の天井を見れば、痛み具合がわかります。
ご住職の声に耳を傾けてくださ〜い!優しく響く「いい音」出そうぜ!

posted by tsune at : 18:17 | トラックバック (0)

ROAD88 (39〜43)

第三十九番「延光寺」。赤石の亀像の上に乗る銅鐘は、重要文化財!

ここで、「修行の道場」と呼ばれる高知県は終了!
いよいよ「菩提の道場」と呼ばれる愛媛県に突入です!
「歩き遍路」は、本当に大変!

第四十番「観自在寺」へ。

宇和島周辺は養殖漁業が盛ん。風景も抜群!オゾンの強さに鼻血が出そうになるぜ!

第四十一番「龍光寺」。ご住職の塩田さんはモーターサイクリスト!!

明治時代の「神仏習合」の名残りで、四国八十八箇所で、ここだけ神と仏が一緒に祭られています。

第四十三番「仏木寺」。四国霊場唯一の茅葺鐘楼!

本日は大洲城脇の大洲ユースホステルに宿泊。昔の学校を移築した建物は雰囲気満点!バイク乗りのみなさんの利用率高し!

posted by tsune at : 16:51 | トラックバック (0)

2007年12月17日 [愛媛県編] [香川県編]

松山→高松

国道11号を使って高松へ移動。
高速道路が火災の為に通行止め。国道は大渋滞。
港に寄ってみたり

海を眺めたり

道の駅に寄ってみたり

みかんの直売所に寄ってみたり(1kg=100円!)

明日は一度、徳島に戻ります。(遍路やります)

posted by tsune at : 22:20 | コメント (2) | トラックバック (0)

5000キロ

5000キロのオイル交換は愛媛県四国中央市の「宇野商会」さんで行った。

実は4000キロでの交換をさぼってしまったので、少し不安。
オイルは綺麗なままで一安心。

マフラー部分で脱落していたネジを入れて下さった。

ブレーキ、チェーンも確認。
きちんと整理された作業スペースは信頼の証。

宇野商会R11店
愛媛県四国中央市土居町入野945−5
電話 0896−74−2393

posted by tsune at : 02:55 | トラックバック (0)

2007年12月16日 [愛媛県編]

松山で休憩

写真整理。
松山YHは、居心地が良くて二泊。
道後温泉近し。

ショッピングにも近し。

ネットも無料で常時接続。
今までの宿の中で、一番安く。一番満足。

posted by tsune at : 03:02 | トラックバック (0)

2007年12月15日 [愛媛県編] [高知県編]

ヨサぁクぅ〜♪

四万十川の中流にある大正町に民泊させて頂く。
五右衛門風呂に放し飼いのウサギ。
家の前には沈下橋。

四万十川は「生活の川」。
集落の生活廃水は、そのまま流れる。(便所はもちろん汲み取り)
え〜っ!と思う方がいるかもしれないが、遥か昔からそうなのだ。
それが、生活。川と共に暮らす人々の生活。
行政の予算に余裕があるならば、浄化槽を整備する事も出来るだろう。
道路整備も大切だけれど、限界集落だって見放さないで環境整備に予算をとってもいいと思うよ。
飲み水は井戸水。農薬を多用していたら、自分の生活に直結する。
泊めて頂いた家で作る米は、無農薬の有機栽培。
おわかりいただけただろうか。人に言われなくても「環境」を守って育てているのだ。
生活廃水も「節度ある」もの。それが、自分の生活に「直接」響いている事を知っているから。
揚げ油を流しに流す様な愚かな真似をしてしまう主婦が、「エコ」を訴える環境番組に涙を流してしまう。
わかるけどさ、滑稽だよね。
俺達が住んでいる都市は下水のシステムがバッチリ完備されている。
けれど、けれどさ。洗車の洗剤、ちょっと減らしてみようぜ。
川岸で「石」を集めている方と出会う。
「味噌を漬ける石を拾ってるんだよ〜!」
「カタチ、揃ってますね」
「そう、なるべく平たい石ね。大きさもこれ位がちょうどいいんだ」

生活の川、四万十であった。ちなみにこの流域は、以前「渡川」と呼ばれていたそうな。
午前中に出発。国道439(通称ヨサク)を上がる。

片側通行の道幅の連続。四国のライダーがはまってしまう理由が良くわかる。
素晴らしい道だよ。439

このまま走ってしまおうと思ったけれど、強風と時おり降る雨。給油したスタンドで降雪の情報を得て、進行方向を松山に変更。
素晴らしい道だよ。ヨサク!
本日は松山のYHに宿泊なり。

posted by tsune at : 17:47 | コメント (2) | トラックバック (0)