スーパーカブ日本一周「日本全国アポなし味探訪・モーサイ号が行く!!」 バイク専門誌モーターサイクリストにて好評連載中

2009年01月21日 [ モーターサイクリスト! ] [宮崎県編] [熊本県編] [佐賀県編] [大分県編] [長崎県編] [福岡県編]

2008年6月号(九州編2)

ノーマル装備で雪道を疾走するモーサイ号!大分・九重では「やると決めたら、やる!」と旅館のリフォームを自ら手がけたご主人を取材。気を抜かないサービスで「予約が難しい旅館」に育て上げた根性に完敗。天草では、畑の中にひっそりと潜む「隠れキリシタン」の墓を発見。刻まれた歴史が胸を打つ。長崎では素魚の四方網漁に挑戦!踊り食いも体験。福岡ではモーサイ号をチューンアップ!海・山・川。走り続けるモーサイ号!
scan-39.jpg

scan-38.jpg

scan-37.jpg

posted by tsune at : 17:58 | トラックバック (0)

2009年01月14日 [ 観光名所 ] [大分県編] [動画アーカイブス]

九重"夢"大吊橋(ここのえ"ゆめ"おおつりはし)

posted by tsune at : 10:33 | トラックバック (0)

2008年02月26日 [熊本県編] [大分県編]

阿蘇への道

出発を決めたはいいが、雨。R57を阿蘇へと走る。
雨が冷たい。気温4度。久々の冷えに身も凍る。

豊後竹田駅。近くには、現存する山城が。「荒城の月」でも有名。

この日は寒さに負けて、阿蘇YH泊。
ご主人の49日だった。何だか悪かったなあ。
暖かいお風呂、有難うございました!

posted by tsune at : 17:18 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年02月25日 [ 宿 ] [大分県編]

別府ゲストハウス

一泊 1500円!
宿の周りには、100円で入浴できる公共温泉だらけ

ネットも無料開放。画像やデーターを編集部に送信する事が出来た。

別府ゲストハウス
大分県別府市駅前町1−12 電話 0977−76−7811

posted by tsune at : 17:09 | トラックバック (0)

2008年02月24日 [大分県編]

別府に戻りました

別府到着。あっという間の東京でした。
いい感じでリセット出来たようです。明後日から走ります。

posted by tsune at : 23:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年02月14日 [大分県編]

ラスト1個!

結局、チョコ無しでした。

posted by tsune at : 20:52 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年02月13日 [大分県編]

爆睡

爆睡!変な顔して寝てたら写真を撮られた。

@別府ゲストハウス

posted by tsune at : 16:48 | トラックバック (0)

2008年02月12日 [大分県編]

別府(引きこもりの巻)

この三日間は、こんな感じで・・・。

こんな感じでした。

posted by tsune at : 15:17 | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年02月11日 [ 温泉 ] [大分県編]

温度管理システム

宿近く、「梅園温泉」の温度管理システム。
小さな棒一本で、源泉→湯船への湯量を調節しています。

posted by tsune at : 21:39 | トラックバック (0)

2008年02月10日 [大分県編]

Mr.ABURAYA

別府駅前の銅像。生き様にシビれる。

宿の前で交通事故。「一時停止」、敢行しよう。
事故直後

15分後(警察も消防も、まだ来ない)

posted by tsune at : 22:29 | トラックバック (0)

2008年02月09日 [大分県編]

市内散策

今日も一日別府で過ごす。昭和の香りが残る町並み。

切な過ぎる。切ない。

posted by tsune at : 22:22 | トラックバック (0)

2008年02月08日 [大分県編]

温泉めぐり

「梅園温泉」入口。迷った!

入湯料は100円。

キュートな湯船。

浴室内で吹き出ている源泉!

最後は地元の方と。

名所「竹瓦温泉」。運良く「ノーゲスト」でした。

一人記念写真。

香ちゃんは、人妻でした。残念!

posted by tsune at : 21:12 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年02月07日 [大分県編]

別府市内

天気の良かった一日でしたが、期限が迫っているので部屋篭り。
息抜きに喫茶店へ。

昭和初期からの「貸室(連れ込み宿)」を改装した店。

この階段登って、爺さん・婆さん世代の方々の恋が弾けていたのかと思うと不思議な気持ちに。

連休明けまで別府でゆっくりする計画です。

posted by tsune at : 22:20 | トラックバック (0)

2008年02月06日 [大分県編]

別府への道(雪でした)

湯布院までは天気良かったんですけどね!

峠越えたら、雪が降って来ました。

本日、別府泊です。原稿書きます。

posted by tsune at : 15:58 | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年02月05日 [ 宿 ] [大分県編]

福元屋

福元屋は、「壁湯」で知られる秘湯の宿だ。

壁湯は温度が低い。1時間程度の入浴で、しっかり温まる。

障子の向こうには「魚の泳ぐ清流」。

岩をくり貫いた「内湯」。

飯にはノックアウトさせられた。

鮮度が「しっかりわかる」馬刺。

「刺身こんにゃく」も、群を抜いていた。

もちろん、豊後牛!

「お米は『自作』してます」。話込んでしまった。本誌でオーナーの「生き様」をご紹介出来たらと思います。かなり考えさせられてしまった。

壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋 
大分県玖珠郡九重町大字町田壁湯
TEL:0973-78-8754 FAX:0973-78-9220


posted by tsune at : 15:31 | コメント (2) | トラックバック (0)

九重(ここのえ)、ここA(ええ)!

3月号「旅録」P106、松元さんの真似!

長さ「日本一」の吊橋でした(時間が長いので、暇な方は見て下さい)。

九重役場前には観光案内所。この方、プロ!的確なアドバイス。ありがたい。

完全「手作業」の醤油&味噌蔵を取材。(農林水産大臣賞&食糧庁長官賞を二年連続受賞)

大木さん、どうかお気を悪くなさらずに。

自分に「ご褒美」。いい宿泊まりましたっ!

posted by tsune at : 14:37 | トラックバック (0)

2008年02月04日 [ 宿 ] [大分県編]

季の郷「山の湯」

山の湯は、宝泉寺温泉街にある歴史ある宿。

エントランス

客室(風邪気味だったので、ゆっくり休める部屋が嬉しかった!)

馬刺寿司だよ〜ん!

豊後牛だよ〜ん!

鶏のタタキだよ〜ん!

リピーターのお客さんが殆どってのも頷ける。安らぐ、ホントに。

宝泉寺温泉 季の郷 山の湯 
〒879-4723
大分県玖珠郡九重町宝泉寺温泉
TEL..0973-78-8111 FAX.0973-78-9653

posted by tsune at : 15:12 | トラックバック (0)

高千穂〜九重(ここのえ)

九州は、本日「発売日」。@高千穂の本屋さん

雪道を延々進む。南極で、犬ソリ引いてる気分。

放牧牛に笑われる。「あなた、お馬鹿さん?」

乾いた道もつかの間。

無人駅にて。

何とかこの日は「九重(ここのえ)町に到着しました!

posted by tsune at : 14:27 | トラックバック (0)

2008年01月11日 [フェリー] [愛媛県編] [大分県編]

九州上陸!

いよいよ上陸です!
八幡浜から臼杵に向かいます。

posted by tsune at : 12:55 | トラックバック (0)