EMIKO & STEVE PROFILE
STEVE & EMIKO photo■シール・エミコ (JACC日本国際自転車交流協会評議員)
1987年ピンクのナナハンで日本一周〜。『モーターサイクリスト』誌に「エミコを探せ!」を連載。
1989年オーストラリアでスティーブと出会い、世界一周自転車二人旅に。(へへっ。実は婚前旅行!)
アジア、北中南米、アフリカ、ヨーロッパ、ユーラシアを77ヵ国、11年で約11万km走行。
2001年ゴールを目前に癌の告知を受け、パキスタンより緊急帰国・・・。入院中(めでたく?)入籍。
余命半年と告げられたものの、持ち前のパワーで2004年末、夢の旅を再開!
『サイクルスポーツ』で「エミコの地球大冒険」と題し12年の長期連載。
著書、『ガンを越え、めざせ地平線!!』(鹿砦社)。
今年、『筑紫哲也NEWS 23』(毎日放送)で特集され沢山の反響を得た。
「夢と希望と勇気を!」をテーマに講演活動中。
日本では、野菜づくりをしながら半自給自足生活。

■スティーブ・シール(英語教師。だが本業は写真家)
オーストラリア出身。8歳の頃から自転車大好き小僧。
それがエスカレートし1989年3月、自転車で世界一周に出発。
6年で終える予定が途中でエミコと出会ってしまい(!)、17年たった今でも帰れない・・・。
走行距離14万km弱。
「人生は生まれてから死ぬまでの旅だ。楽しむしかない!」
日本では12km離れた最寄駅(!)まで峠道を自転車通勤。

CLOSE