ガンを克服し自転車による世界一周旅行を続けるエミコ&スティーブ夫妻。自転車専門誌サイクルスポーツにて旅行記連載中

管理人より サイクルモードでビデオメッセージ収録

2009年11月25日 [お知らせ♪]

 管理人Yoshiからお知らせいたします。
いつもご支援いただき、ありがとうございます。

 このたび開催されるサイクルモードの大阪と東京の会場において、闘病中のエミコへ、応援メッセージをいただく機会を設定いたしました。八重洲出版ブース(大阪6-09、東京2-19)において、下記の時間でビデオに収録いたします。

 お一人様、知人&友人、グループでも結構です、エミコに向けて、応援メッセージと“気”をビデオにお願いいたします(収録時間の目安は一組最大1分間です)。両会場とも、管理人がおりますので、お気軽にお声かけください。サイクルモードにご来場予定の方、八重洲出版のブースでお待ちしております。

*大変恐縮ですが、エミコへのお見舞い(贈り物等)についてはスペースの都合上、お預かりすることができませんので、あらかじめご了承ください。

サイクルモード大阪会場(ブースナンバー 6-09)
●11月28日(土)
・エミコ支援ビデオメッセージ撮影1回目
11:00〜12:00
・エミコ支援ビデオメッセージ撮影2回目
13:00〜14:00
・エミコ支援ビデオメッセージ撮影3回目
15:00〜16:00

サイクルモード東京会場(ブースナンバー 2-19)
●12月11日(金)
・エミコ支援ビデオメッセージ撮影
19:00〜20:00

文責:松坂佳彦

posted at : 18:51 | | コメント (13) | トラックバック (0)


S君への送信

2009年11月19日 [病院病気、命のこと]

癌仲間S君とのメール。
「治療が終りました。消えるといいですけど・・・」
「私は今から病院〜。痛いけど、一緒に踏んばろね!」

励ましあい、なだめあい、
私にとって唯一、弱音をはける相手でもあった。
彼が、「癌じゃない人にはこの気持ちわからないですよね」とメールしてきたときから。

彼が逝って8ヶ月。
いまでも、天国への送信はつづいている。

「S君、おととい退院したよ♪
これで何ヶ月か?何年か?延命できそうだよ♪
でもこれからが本当の闘いだって!合併症ますますきつくなってくる。
仕方ないよね・・・、生きるためだもんね・・・☆」

寂しさの中に、
やさしかったS君からの返信がぼんやりと届く。


-------------------
17日に退院いたしました。
体調は決して良いといえる状態ではないので静養に専念いたします。

久々にブログを見たところです。
私たちの行動で不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
以降、十分気をつけます。

Love & Peace♪ ←キヨシローさんの言葉をひきついで
世界中の人々に愛と平和を♪

posted at : 10:52 | | コメント (17) | トラックバック (0)


本日の状態

2009年11月14日 [病院病気、命のこと]

治療が無事に終わりました。
(前回よりさらに苦しかったです〜(+_+))
結果(癌細胞の死滅)はすぐには出ませんが、
これから徐々にあらわれてくると思います。

現在の状態は、
炎症からくる発熱で昨日までふらふら&頭もうろうでしたが、
肺に血液がたまることもなく、
治療中の激しいしびれ(右足全体まったく麻痺!)もようやくおさまり、
血尿もみられず今のところは回復傾向です↑↑↑

今日は多少気分も良くて6日ぶりにシャワーを浴びました♪
食事も形あるものにかわり、
治療中どっさり服用していた薬の数も減り、
トイレも自分で行けるようになったので、
ただただそれだけで嬉しいですぅ☆

歯をくいしばり、それでも涙が出、叫び、笑顔もありの1週間。
新たな学びと成長を経験せていただいた人生の冒険のような、
試されてるような、
辛くもその中に貴重な教えのあった日々。

専門の医師の方々、
親身にお世話をしてくださった看護婦さん方に
あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。
とにかくとにかく泣きながら、精いっぱい踏ん張りましたぁ。。。。。。。。。
(>へ<)ふゅ〜

しばらくは、空をぼんやり眺めながら過ごしたいと思います。

ではまた余裕ができたら♪

------------------
久々にページをあけたら、
こんなに応援してもらっていてびっくりです。
いっぱい感謝!!!!!
皆さん、どうもあ・り・が・と・う☆
m(;;)m嬉涙!

posted at : 21:55 | | コメント (38) | トラックバック (0)


明日から治療開始

2009年11月08日 [病院病気、命のこと]

いよいよ、(とうとう!)、明日から治療開始。
出血用のシート型紙オムツ、T字帯を売店で購入し準備もOK。

どんな治療かというと、
(女性の立場として、公表するのは躊躇してしまうのですが、)
昨日、電話口で泣きじゃくていた患者さんを目にし、心に決めました!
「同じ目にあう人が一人でも減るならば!」

なので(話しづらいけど)勇気を出して自らの体験を公表し、
新しい情報提供をしていきたいと思います。
(必要のない方はテキトーに流してくださいね。)

まず、私が明日から受ける治療は
放射線イリジウムを用いた高線量率組織内照射といい、
腔内から癌細胞に放射線をあてる局所癌には効果的な治療。
子宮癌のほかに前立腺癌にも行われます。
(今回手術(骨盤内臓全摘出)は骨盤内の癒着がひどいのでリスクが高く、抗がん剤は効かないとのこと)
昨年再発の際、「これが最後の治療」といわれましたが、
今回の癌は前回とは反対の場所にできていたので不幸中の幸い?で治療が受けれることになりました。これが本当に「最後」になると思いますが、いままで受けた治療の中でも格段につらいつらい治療です。

《明日の予定》
早朝、グリセリン浣腸でお目ざめパッチリ!笑
8時から止血剤の点滴開始。
9時、車椅子で麻酔科に行き背中に注射。
10時、パンスポリン(抗生剤)を点滴。
尿を出すチューブを挿入。
処置室でプラスチックの専用プレートを内ももに縫い、固定させる。
プレート穴から長さ20cmほど、ボールペン芯太さの(いかつ〜い)針を十数本(前回は12本)癌細胞に突き刺していきます。これが痛いのなんのって!!涙
針は筒状になっており、端を放射線機械のホースに一本一本つなぎ (これもズキズキで痛し!)照射していきます。
治療は朝と夕の一日2回。
時間は15分ぐらいですんだと思います。
それを4日間。
つまり4日間、針が膣を通って骨盤内にある癌に突き刺さったままになるのでずれないないようにベッドに縛りつけ状態になります。寝返りもダメ! (両手だけなんとか動かせます。)
安定剤と痛み止めの点滴で日中はもうろうとしています。
夜は長く、痛みと強烈なしびれで(床ずれもできる)身体が押しつぶされた感じで発狂しそうになります。絶対動いちゃいけないので…

排便は治療の支障となるので、前回同様5日間水のみで今回も耐えます。腸のお掃除にもなるし〜♪

最近ネットでこちらのHPを知りました。
自分よりもっともっと大変な状況で、でもきらきら頑張っている同世代の女性です。
とっても勇気づけられました。
http://orangemikann.cocolog-nifty.com/blog/08/index.html 
(※最後に追記があるように放射線量や日数など治療方法は病院や症状によっても異なります。私の場合は「いし」ではなく「針」ですがほぼ似た感じの治療です。)

---------------------------
《本日の読書》
パワーをあやかりたいと、
睾丸癌からみごとに蘇えり輝いたランス・アームストロングの本、
『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』

---------------------------
《本日の食事》
朝=ごはん一杯
昼と夕に栄養ドリンクが配給されたのですが、
『ムーベン(経口腸管洗浄剤)』を2L飲んだのでドリンクは飲めず。
う、う、う、WCから離れられないーー

---------------------------
では、4日間しっかり苦しんできま〜す。
治療後に♪

posted at : 20:02 | | コメント (21) | トラックバック (0)


入院便り1

2009年11月07日 [病院病気、命のこと]

------------------------
同室に明るい“大阪のおばちゃん“がいる。
看護婦さんとの会話を聞いてるだけで吹きだしてしまうこと、しばしば・・・
気分が晴れます♪
そう、気分変えていかないとね!

------------------------
いまいるのは一般病棟。
内科、放射線科、麻酔科、整形外科と、母子医療も。
なので共同デイルームには癌患者やほかの病の人たち、
けがの人、お腹の大きい妊婦さんもごっちゃまぜ!
見舞い客も喜びの人おり、表情の暗い人おり、、、
複雑なとこやな〜〜〜(苦笑)

------------------------
今回の入院は「一日一冊」を日課目標に。
でも院内に患者用のLANケーブルが!
なのでたまに入院便りをアップしま〜す。
部屋から出ないといけないので頻繁にはむりですが。

------------------------
《食事》
治療食なのでごはん以外はすべてミキサーでどろどろ。
なので素材がなにかは不明?(メニュー表でわかる)
ほかに、具のない味噌汁も。
全部まぜ、スープだと思って食べたらおいしい♪
(でも歯ごたえが恋しいなあ・・・)

-------------------------
《服用中の薬》
酸化マグネシウム(下剤)
プルゼニド(同じく治療のための下剤)
十全大補湯(免疫力向上のため)
座薬(痛み止め)
睡眠薬

-------------------------

昨日は、
また、弱音たらたら日記になってしまってすいません。
今回は状況が厳しいだけに自分を見失うことも・・・
ハードな試練だけどすべて人生の勉強だと思って
私らしく、思いきりもがき、懸命に模索し、思いっきり泣いて思いっきり笑って、
一日一日を大切に丁寧に過ごしていきたいと思っています。
不幸を知らないと幸せもわからないもんね♪
とにかく前向きに、前向きに!!!←と自分にいいきかせています☆

posted at : 15:50 | | コメント (5) | トラックバック (0)


治療入院2日目

2009年11月06日 [病院病気、命のこと]

昨日は強い気持ちで病院の門をくぐったのに、
パジャマに着替え、体温、血圧を計り、採血4本とってレントゲン撮影、
夕方医師から説明を受けたあと、
厳しい現実に心があっけなく砕けてしまった。

この治療は二回目。
痛くて、苦しくて、惨めで屈辱的なもの。
合併症もきつく今後の日常生活にも支障をきたす。
人工膀胱、人口肛門、
それらすべてを受け入れたとしても別箇所に残った癌は治療がもうできないので今回は延命治療でしかない?

「本当に受ける価値はあるの?」

一度決めたはずなのに涙があふれてきた。
スティーブの声が聞きたくなり夜中に電話。

-----------
今朝、飛んできてくれた。
びっくりした。
眠れなかったらしい・・・。

二人で最終的な「治療計画書」にサインをし、また涙・・・
私はスティーブと、一日でも長くいたいだけ・・・、それだけ・・・

今日は膣に器械を挿入しCT検査と、
16時から、直腸に器械を入れ超音波検査。
こんなのまだまだ序の口。
これからが本当にキツイ治療のはじまりです。

一度目は苦しみながらも乗り越えることができたけれど、
この治療二回目は障害もきつく、トラウマで恐怖心に押しつぶされる。
どこまで耐えられるか・・・それが問題。いまはエッジ。
臆病者だね、私って・・・

スティーブに会いたいな。(仕事あるからすぐ帰った)

桑田さんの歌声だけが支えです♪

posted at : 15:25 | | コメント (10) | トラックバック (0)


帰国

2009年11月04日 [病院病気、命のこと]

昨夜、無事帰国いたしました。

大好きなオーストラリアの大自然から、人から、
た〜くさんのGreatエナジーを充電させてもらいました☆

「こんな状況で行くのはどうかな〜?」と思ったりもしましたが、
看護婦の友人の「勇気あるわね!(よしよし!)」の一言で
(やはり、)思いきってよかったなあ、と思いました。

明日から治療入院です。
ベストを尽くします♪ 

--------------------
PS、ケアンズYHに行ってきました。
プールができてとてもオシャレになっていました。
Cape Trib.でハリスが「ペグがささらない!」って叫んでたの思い出したよ。笑

posted at : 19:15 | | コメント (13) | トラックバック (0)