コミカルビッグタイヤの楽しさ全開こんなにもウイリー!

ラジコンマガジン2018年11月号
2018年10月4日(木)発売付録とも特別定価 980円
ラジコンマガジン2018年11月号表紙

10月30日発売のムック「ラジコンマガジンクラシック2」は、貴重な資料となるDVDの付録つきで、内容も前作以上の充実ぶり。 ご期待ください!  なんてコマーシャルしつつ、締め切り真っただ中でこの編集後記を書いている最中に、コイケがついに“お父さん”になったという知らせが届きました。 おめでとうございます!

付録
  • 創刊40周年記念付録第8弾
    ●タミヤ ランチボックス 特製ランチョンマット

    1987年の発売以来、高い人気を保ち続けるタミヤRCカーの定番、ランチボックスのランチョンマットが今月の特別付録。 イラストは表紙でおなじみのテリー佐原画伯で、マシンのイメージカラーでもあるイエロー仕上げ。 普段のメンテナンスや食事のマットに使用できるのはもちろん、アイデア次第でいろんな応用ができそうだ。

CONTENTS

試し読み

ギャラリー

目次

012コミカルビッグタイヤの楽しさ全開こんなにもウイリー!TAMIYA CW-01・WR-02・GF-01・G6-01
028あの作家がラジコンにハマった!阿部秀司・ラジコンと漫画を語る
034続々登場!RC3輪バイクのオプションパーツダンシングライダーTUNE UP大全
056ブラボー!RCまるわかり講座
066RTRのバッテリーからステップアップしたい!安全充電のススメ
084第58回全日本模型ホビーショー注目アイテムCHECK!
088ラジコンマガジン創刊40周年記念企画第2弾GIGAトラクタ用簡易トレーラーキット
開発中!
092D1-10 Winning StyleRyo&GALM大解剖!
032伊藤シャチョーが行く!サーキットMAN遊記
046TRF GROW UP レーサーズ!
060ラジコン玉入れ
072新連載! ラジコンキッドが復活?
074NITRO-X RCカーフェスティバル
076RCの達人
096あひる夏の陣2018
106北の街からタンタンと
116NEW PRODUCTS〜新製品情報
118TAMIYA RC FREAKSスキル向上大作戦
122MINI-Z ARE GO!
126ヘイ!グリッド最後尾はオレの指定席だぜ!
87イロハにホビー
98激突!俺ラジ戦国時代
99とこや3の「自作派BBファクトリー」
100RCMスタッフお気に入りFOCUS TEST
108読者のオアシス 八丁堀Cafe
110RCMニュースヘッドライン
111Q&A/新製品カレンダー
128読者BIGプレゼント

編集後記

ヤリクリ

現在、本誌と並行して「重機fan Vol.3」の製作を進めています。全国各地の工事現場で活躍している頼もしい“重機”たち。おなじみのショベルカーやダンプのほか、橋の点検専用車両や、超重量の荷物を運ぶツイントレーラーなど、珍しい車両を大紹介! 子供たちに人気の“双腕”マシンもありますよ。乞うご期待!

コイケ

学生時代にバイトしていたサーキットが閉店してしまいました。当時からワークスドライバーが多く来店し、田舎者の私には刺激的でした。そんな感傷にひたっていたら、今度は私を育ててくれた地元のお店も閉店するとのこと。両方のお店がなかったら本誌にもいませんし、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

ヨシカ

ラジコン漫画をWEBで読んでからというものの、WEB漫画にはまってしまい、夜な夜な寝る前に携帯片手に血眼で見てしまう。携帯のライトで目は痛いし、脳が覚醒しちゃって全然寝られないし、良くないことだと分かりつつも、止められない! この前なんか読みながら寝てしまったようで、携帯が鼻頭に落ちてきた。イッッタ!

もてっきー

猛暑と思っていたら、あっという間に涼しくなり体調管理が大変ですね。そんな中、全日本模型ホビーショーにお越しくださったみなさまありがとうございました!これからも読者のみなさまと直接触れ合えるイベントには積極的に参加させていただきたいと思いますので、そんなワタシを見かけたら、気軽にお声かけください!

イデ吉

小さいころから通っていた模型屋さん。バイク好きのご主人はどこへ行くにもバイク。よくタンデムでサーキットや問屋など、あちこち連れて行ってもらった。月日は流れ、高齢のためバイクを降りなければならなくなったという。よく手入れされた愛用のバイクはまだまだ元気。だからワタシが乗ることに。ご主人の分まで可愛がらなければ。

ミッチーナ

東京メトロで夏に開催されていた「国立・都立ミュージアムをめぐる 7つの謎解きミステリーラリー」に参加してきました。ミュージアムで謎を解き、メトロの駅で次の謎を解く趣向でした。美術館巡りもできて、一石二鳥。頭を働かせるために、カフェでケーキを奮発しました。「八丁堀カフェ」があれば、一息つきたかったな〜!

ぶ~たん

「月刊ラジコンマガジン」、「ラジコンマガジンクラシック2」、「重機fan vol.3」の編集作業が絶賛進行中のなか、重機fanの取材で日本キャタピラーのD-Tech Centerへ行った際に、50トン超の積載量を誇る大型ダンプの助手席へ乗せてもらった。日常では体験できないすごい迫力! 重機fan vol.3は10月18日発売なので、ぜひ買ってね。

MAGAZINE LIST