RCmagazineは毎月4日発売!

RCM イベントレポート

'18みさきGC第1戦

2018年1月14日/みさきRACINGサーキット(山梨県甲府市)

大堀選手(ツーリングストック)初V!

 山梨県甲府市のホビーショップみさき「みさきRACINGサーキット」で1月14日<'18みさきGC第1戦>が開催され長野、地元山梨の熱烈マニア19名、30台が大集結! 反時計回り超テクニカルNEWコースでデットヒートを繰り広げました。

 レースは1/10ツーリングカー・スポーツクラス&ストッククラスと1/10フォーミュラクラス、1/12レーシングクラス、フレッシュマンクラスの5クラス。1/12レーシングは予選8分2ラウンド、決勝8分1ラウンド。フレッシュマンクラスは予選3分2ラウンド、決勝5分1ラウンド。他の3クラスは予選5分2ラウンド、決勝5分1ラウンドで行われました。

 まずツーリング・スポーツクラスは予選1ラウンドで斉藤隆選手が27周の好タイムを出してTQ奪取。2番手大堀秀彦選手、3番手藤原隆英選手、4番手青柳嘉一選手で注目の決勝スタート! ポール斉藤隆選手素晴らしいスタートからトップに立つと好ラップを連発。他車を寄せ付けず斉藤隆選手が驚異の28周を果たし優勝! 準優勝は大堀選手、3位に藤原選手が入賞しました。

 1/12レーシングクラスは予選1ラウンドで長田圭司選手が39周の好タイムを出してポール獲得。2番手村松竜選手、3番手岡敏晴選手、4番手村松幸仁で8分間の決勝がスタートします。そこで長田選手がポールポジションから好スタートを決めトップに立つと、安定した好ラップを重ねます。最終的には全車ラップの快走で長田選手が41周で優勝を果たし、準優勝は村松竜選手、3位は岡敏晴選手となりました。

 新種目のツーリング・ストッククラスは予選1ラウンドで小沢一幸選手が25周の好タイムでTQを奪取します。そして2番手矢崎光選手、3番手大堀秀彦選手、4番手藤原隆英選手で注目の決勝スタート! ポールの小沢選手がロケットスタートでトップに立ちますが、6周目に他車と絡み順位ダウン。そこで大堀選手がトップに浮上し、必死で追い上げる斉藤隆選手を抑えて優勝! 準優勝は斉藤隆選手、3位は藤原隆英選手が入賞しました。

 フレッシュマンクラスは予選1ラウンドで村松竜選手がポールポジション獲得。2番手村松幸仁選手、3番手有賀悠選手、4番手鮎沢選手で5分間の決勝スタート! 村松竜選手は慎重なスタートからトップに立つと、最後まで落ち着いた走りで全車をラップして優勝を果たしました。続く村松幸仁選手が準優勝、鮎沢選手が3位に入賞しました。

 フォーミュラクラスは飯塚浩選手がTQ。2番手芦澤真選手、3番手矢崎光選手で決勝スタート! 飯塚選手は絶妙なスタートからトップに立つと快調にラップを重ねます。これは飯塚浩選手優勝か?と思われたゴール寸前にまさかのマシントラブル。そこで矢崎光選手が逆転優勝を果たしました。準優勝は芦澤真選手、3位には飯塚浩選手が入賞しました。