同級生の活躍!


沖縄の新聞に連載されてます。
俺も頑張らないとね。

で、ひとまず名護のA&Wまでひとっ走り。
バイク愛好家の皆さんと、しばしユンタク。

辺野古廻って…。

金武町へ。

パーラー千里。

美味しい!タコス。

惜しい!看板。

電柱。落書き。

那覇に戻ります。途中、石川のコンビニでカブ軍団の皆さんに遭遇。
ご挨拶です。

昼からは、パシフィックホテルでの基地関係の集会へ。
沖縄にも、「日本寄り」の考え方をする人がいたんだな〜と感心。
「ナイチャーは敵だから!」「ナイチャーは信用しないから!」なんて公的機関のお偉いさんからも露骨に言われたりしてたからね。
言われた時には、こんな考え方を露骨に公衆の場で言うもんかね〜と、ビックリしたよ(≧∇≦)
そんなこんなで、今日の集会での内容には素直に入っていけなかった。何だか変な感じだ。違和感を最初に覚えた。
沖縄の人の殆どは、内地や内地的な考え方を嫌っていると思っていたからね。
内地からの金は歓迎だけれど、人間は受け入れたくない。
これが本音なんじゃないかと理解してたからね。
それでも、商売をしている方々とはストレス無く話せてはいたけれど…。
「沖縄は、オール沖縄なんて事は無い!左寄りの人だけではありません!」
耳を疑った。
新聞はじめ、マスコミは「沖縄が一番!日本は敵だ!」みたいな論調が殆どだから。
しかし、今日の集会には県選出の国会議員は一人も出席していなかった。
これが現実なんだろな。
内地からの提案には反対しておかないと、次回の選挙が危ない。
ハッキリ言って、どうでもいいです。
ただ、辺野古の人々は普天間の移設を歓迎しているし、宜野湾の人々は危険な基地を固定化して欲しくないと思っている。
辺野古にテントを立てて反対運動をしているのは、名古屋や岐阜から来た人々だそうな。
移設賛成派からも反対派からも金の臭いがするしね。
ま、今日は勉強になりました。

カテゴリー: CB1100, ツーリング, 名護市, 那覇市, 金武町, 食べ物   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">