CONTENTS

乗り味と価格がフレンドリーでなくてはならない。それが、大昔から250ccロードバイクに課せられてきた使命だった。だからこそ二輪メーカーの多くは、このクラスの主力エンジンを2気筒としていたのだが、1980年代中盤になると状況が一変。日本の4メーカーの技術力向上と企業努力によって、乗り味と価格がフレンドリーでありながら、超高回転域で官能的なフィーリングが堪能できる、250cc並列4気筒車が続々と登場したのである。──。

本書では、1983年に登場したスズキGX250FWに端を発し、FZ250フェーザーの登場で過熱していった1980年後半からの250cc4気筒モデルの変遷と実力を、1951年創刊の二輪月刊誌「モーターサイクリスト」が展開した当時のテスト記事を織り交ぜながら紹介します。近年再び人気が高まっている250cc絶版車の進化を見て読んで楽しめる内容となっています。

<A4変型、オールカラー92ページ>

CONTENTS

HONDA
 CBR250FOUR[1986-1987]
 CBR250R(MC17)[1987-1988]
 CBR250R(MC19)[1988-1990]
 CBR250RR(MC22)[1990-2000]

YAMAHA
 FZ250 PHAZER[1985-1986]
 FZR250(2KR/3HX)[1986-1988]
 FZR250R(3LN)[1989-1994]

SUZUKI
 GS250FW[1983-1986]
 GF250/S[1985-1988]
 GSX-R250(GJ72)A[1987-1989]
 GSX-R250R(GJ73A)[1989-1991]

KAWASAKI
 ZXR250/R(A/B)[1989-1990]
 ZXR250/R(C/)D[1991-1999]

Column
 1980年代初頭の250cc事情
 日本初の250cc並列4気筒車
 レプリカからネイキッドへ